1. ホーム
  2. 土浦市民ギャラリー
  3. 展示・イベント
  4. 茨城県近代美術館 移動美術館 -茨城ゆかりの洋画家たち-

展示・イベント

茨城県近代美術館 移動美術館 -茨城ゆかりの洋画家たち-

過去の展示・イベント 11月27日~1月14日
今秋、土浦駅前に、土浦市立図書館とともに新たな芸術文化の発信拠点「土浦市民ギャラリー」がオープンしました。
そのオープニングを飾る展覧会として、「茨城県近代美術館移動美術館」を開催中です。移動美術館では、明治末~大正期の洋画を代表する中村彝(つね)をはじめ、大正から昭和戦前期の発展期に活動した熊岡美彦(よしひこ)や菊池五郎、戦後の担い手となった森田茂や小堀進、そして新しい展開を模索する現代作家たちの作品を通して、茨城県の洋画の流れをたどります。土浦出身の作家である、鶴岡義雄、塙賢三らの作品も交えてご覧いただきます。
さらに、近代美術館のコレクションを代表する西洋絵画として、印象派の巨匠クロード・モネ「ポール=ドモワの洞窟」が特別出品されます。同時開催となる土浦市収蔵美術品展の鑑賞とあわせて、ぜひ土浦市民ギャラリーへ足をお運びください。




☆★☆★☆★☆★展示解説パンフレット 販売中☆★☆★☆★☆★

会場では、移動美術館で展示されている作品についての解説パンフレットを、1部100円で販売しております。
洋画家たちの生い立ちや活躍の軌跡を、その作品とともに知ることができます。
ギャラリー事務室にて販売しておりますので、お気軽にお声掛けください。

【内容】
・「茨城県近代美術館所蔵 モネ≪ポール=ドモワの洞窟≫について」
               茨城県近代美術館 企画普及課長 山口和子氏
・茨城ゆかりの洋画家たち27人(31点)に関する小解説
・展示品一覧 他                  
 ※展示されているすべての作家に関する解説、土浦市収蔵美術品展の解説は掲載されておりません。
 
〇全24ページ
〇1部100円
移動美術館

移動美術館

裏面

裏面

パンフレット

パンフレット

スマートフォン用ページで見る