くらし

友好都市

フリードリッヒスハーフェン市

 土浦市は、ドイツ・フリードリッヒスハーフェン市を友好交流都市として、さまざまな交流や事業を行っています。

『フリードリッヒスハーフェン市イメージ』の画像 『フリードリッヒスハーフェン市の街並み』の画像
▲フリードリッヒスハーフェン市イメージ ▲フリードリッヒスハーフェン市の街並み

 

【友好都市名】

 ドイツ連邦共和国バーデン・ヴュルテンベルグ州フリードリッヒスハーフェン市

【友好都市締結日】

 平成6(1994)年7月21日

【友好都市締結のきっかけ】

 平成2(1990)年、土浦市市制施行50周年を記念して友好都市の選定が始まりました。 きっかけは、昭和4(1929)年、フリードリッヒスハーフェン市で製造された飛行船ツェッペリン伯号が、世界一周の途中で土浦に飛来したことが始まりで、さらに、フリードリッヒスハーフェン市はボーデン湖、土浦市は霞ヶ浦といずれも湖に面し、両市とも湖の水質浄化を目指しているなどの理由から、友好都市になりました。

【フリードリッヒスハーフェン市の位置】

『フリードリッヒスハーフェン市地図』の画像 

【フリードリッヒスハーフェン市の概要】

 ドイツ連邦共和国バーデン・ビュルテンブルグ州にあり、ドイツ最南部のボーデン湖北部のほぼ中央に位置しています。ボーデン湖を国境としてスイスのロマンスホルンとの間にフェリーが周航しており、鉄道と水上交通の結節点となっています。また、商・工業都市であることに加え、風光明媚なボーデン湖のほとりにあることから、スイスへの観光の要点として、観光都市の一面も持っています。気候にも恵まれ、ボーデン湖のかなたにスイス・オーストリアの山々を望むことができます。

【人口】

 約57,000人

【面積】

 約70(土浦市のおよそ2分の1)

【市の歴史】

 1811年、ヴュルテンブルグ国王の布告に基づいて、帝国都市ブッフホルンと僧院集落ホーフェンが統合されたのが始まりです。1824年に蒸気船ヴィルヘルム号がフリードリッヒスハーフェン市から周航してボーデン湖航路が開かれ、19世紀には、ボーデン湖沿岸の最大の港に発展しました。1900年、飛行船ツェッペリン伯号の基地が設置されてから世界的に有名になり、それに関連して市北部に工場が整備され、工業都市としても発展していきました。

【面積】 

 緯度の割には比較的温暖で四季があります。大陸性気候のため、夏はさわやかな陽気で、冬は降雪も少ないため、年間を通して穏やかです。

 【フリードリッヒスハーフェン市ホームページ】

  http://www.friedrichshafen.de/ 

 

 かすみがうらマラソン招待選手

『市長表敬訪問』の画像 『地元の小学生との交流』の画像 『地元の高校生との交流』の画像 『書道体験』の画像
▲市長表敬訪問 ▲地元の小学生との交流 ▲地元の高校生との交流 ▲高校での書道体験
『そば打ち体験』の画像 『マラソン前夜祭でのスピーチ』の画像 『完走して声援にこたえる招待選手』の画像 『応援ボランティアとの記念撮影』の画像
▲そば打ち体験 ▲マラソン前夜祭でのスピーチ ▲完走して声援にこたえる招待選手 ▲応援ボランティアとの記念撮影

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民活動課 国際係です。

土浦市役所(本庁舎 2階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2030

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2017年8月9日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る