くらし

権利擁護,虐待の早期発見・防止

高齢者虐待への対応,悪質な訪問販売などによる消費者被害の防止,成年後見制度などの活用により,高齢者の方の権利を擁護します。

◆成年後見制度とは

 認知症などにより判断能力が不十分な方は,自分で預貯金などの財産を管理したり,介護サービスなどの契約を締結することができない場合があります。また,自分に不利益な契約を結んでしまい,悪徳商法の被害にあう恐れもあります。

 このような判断能力の不十分な方々を保護し,支援するのが成年後見制度です。

 

◆成年後見人の役割

 成年後見人の役割は,本人の財産管理や介護サービスなどの契約であり,食事や掃除などの日常的な世話は,成年後見人の職務ではありません。

 

◆成年後見人はどのような人が選ばれるか?

 成年後見人は,本人の状況を考慮したうえで,家庭裁判所が選ぶことになります。親族以外でも,法律・福祉の専門家などが選ばれる場合もあります。

 

◆成年後見制度には大きく分けると2種類があります。 

法定後見制度

任意後見制度

 本人や親族などの申立てにより,家庭裁判所によって選ばれた成年後見人が,本人の利益を考えながら,本人を代理して契約をしたり,本人が自分でする契約に同意したり,本人が同意を得ないでした不利益な契約を取り消したりすることで,本人を保護・支援します。

 任意後見制度は,本人に十分な判断能力があるうちに,あらかじめ自分で選んだ代理人(任意後見人)に,自分の財産管理などを代理してもらう契約を結ぶものです。

 その後本人の判断能力が低下した後に,任意後見人が本人を代理して契約するなど,本人の保護・支援を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※法定後見制度と任意後見制度の大きな違いは,任意後見制度では,あらかじめ本人が自らの後見人を選ぶ点です。

 

◆成年後見人の申立てがをする親族等がいない場合はどうするか?

 身寄りがないなどの理由で,成年後見の申立てをすることができない認知症の高齢者などについては,市町村長が成年後見開始の審判を申し立てることになります。

 ご近所などに該当する認知症の高齢者などがいたら,地域包括支援センターにご相談下さい。

成年後見制度の詳しい内容は,法務省のホームページをご覧ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは高齢福祉課です。

土浦市役所(本庁舎 1階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 高齢福祉係⇒内線2479 地域支援係⇒内線2500 高齢相談係⇒内線2313・2455・2476・2477・2478 介護管理係⇒内線2372・2462・2463

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2010年6月9日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る