上高津貝塚ふるさと歴史の広場(考古資料館)

上高津貝塚ふるさと歴史の広場(考古資料館)

サイト内検索 サイト内検索  |文字の拡大  標準最大土浦市トップページ

上高津貝塚ふるさと歴史の広場の概要

上高津貝塚は今から約4,000年~3,000年前の縄文時代後・晩期の遺跡で、当時入り江だった霞ヶ浦から得られた豊富な魚貝類や塩、周辺の動植物などを取って生活していたムラのあとです。
 霞ヶ浦沿岸の貝塚文化を語る貴重な遺跡として昭和52(1977)年に国の史跡指定を受け、その後各種調査の成果をもとに復元整備を行い、平成7年10月17日、登録博物館「上高津貝塚ふるさと歴史の広場」として開館しました。
 施設は国指定史跡上高津貝塚(4.4ha)と、隣接する考古資料館(0.5ha)から構成されています。
 貝塚広場には、中央の芝生広場の周囲に竪穴住居、掘立柱建物、墓、大型炉などの当時の縄文ムラの様子を、発掘調査の成果に基づいて復元しています。斜面部に広がる大規模な貝塚は、貝や土器が散布する平面的な貝塚の広がりと、貝が地層のように堆積した状況が一目で分かる断面展示を組み合わせて整備したものです。また周辺には宍塚大池などの自然の風景や、宍塚古墳群般若寺などの文化財も多く、春の新緑・秋の紅葉などの季節を中心に自然散策や文化財探訪、ピクニック気分で訪れる方も数多くいらっしゃいます。(右の「アクセスマップ」をクリックし、次に「航空写真」をクリックしていただきますと、緑に囲まれた本館周辺の自然環境がわかります。)
 考古資料館〔1,800m2〕の常設展示では、上高津貝塚と縄文人の生活の様子を解説しています。動画とジオラマによる視聴覚展示や体験展示など児童・一般にも分かりやすい展示を展開しています。貝塚と常設展示を併せて見学することによって、縄文時代のいろいろなことを知る・体験することができるようになっています。 また特別展示室では、特別展や講座作品展などを行っています。ホールでは、土浦市内の遺跡から出土した考古資料を、定期的に展示資料を換えながら展示しています。
 講座としては「縄文土器をつくろう」や「縄文の布・編布(あんぎん)をつくろう」などの体験講座、夏休みファミリーミュージアム関連親子体験講座、考古学学習講座などを開催しています。


※最新の展示状況や講座募集・開催状況についてはお知らせをご覧下さい。

~貝層断面展示施設のご紹介~
 貝層断面展示施設の内部  
広場にある貝層断面展示施設の内部です。
この貝層は、発掘調査時の断面に特殊な薬剤をつけて貝層の土層を剥ぎ取ったものを、立体的に再生展示しています。表面に見える貝や土器は縄文時代のものです。

上高津貝塚の概要や上高津貝塚整備平面図をご覧になりたい場合は下記から見ることができます。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは上高津貝塚ふるさと歴史の広場(考古資料館)です。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場 〒300-0811 茨城県土浦市上高津1843

電話番号:029-826-7111(直) ファックス番号:029-826-6088

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
最終更新日 2015年2月20日access ページの先頭に戻る
スマートフォン用ページで見る