くらし

景観形成に係る取組

景観に関する取組をご紹介します。

景観行政団体への移行

土浦市は,平成21年9月1日付けで、景観行政団体に移行しました。

土浦市景観計画・景観条例の制定

市民や学識経験者からなる「景観計画策定調査検討委員会」が組織され検討を重ね、委員会おけ検討の結果、平成23年6月に小場瀬委員長(筑波大学教授)から土浦市長へ「土浦市景観計画(案)」についての提言がなされ、同年10月1に『土浦市景観計画』を策定しました。

本計画では、景観計画の区域、良好な景観の形成に関する方針、良好な景観の形成のための行為の制限に関する事項等が定められており、建築物の建築等に際し、まちの良好な景観形成に向けた誘導を行います。

景観上重要と認められる物件の指定について

市では地区の自然、歴史、文化等からみて景観形成上重要と認められる建造物等を景観上重要と認められる物件として指定し周囲の建築物等と一体となった良好な景観形成を進めています。

景観重要建造物

 『『『『『『大徳』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像第1号 まちかど蔵「大徳」(中央一丁目)

 年代:江戸末期(1842年)

 土蔵造り(一部木造)

 

『『『野村』の画像』の画像』の画像第2号 まちかど蔵「野村」(中央一丁目)

 年代:江戸末期~明治初期

 土蔵造り(一部木造・レンガ造)

 

『『『矢口家』の画像』の画像』の画像第3号 矢口家住宅(中央一丁目)

 年代:江戸末期

 土蔵造り

 

景観重要樹木

 『『『『『真鍋の桜』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像第1号 真鍋の桜(真鍋四丁目 真鍋小学校内)

 県指定天然記念物で最大のものは胸高周5.1m、樹高11m、枝張20m。樹種はバラ科サクラ属のソメイヨシノ。

 

景観重要公共施設(景観重要道路)

 「土浦駅前通り」、「旧城下町とその周辺地区(歴史の小径整備路線)」を茨城県内で初めて景観重要道路として指定をしました。また、占用等の許可の基準を見直すなど、関係機関等と連携を図りながら良好な景観形成に取組んでいます。

 指定路線及び占用について

景観形成事業

土浦市歴史の小径(こみち)整備事業

歴史の小径整備事業は、「土浦城址周辺」や旧水戸街道沿いの「まちかど蔵周辺」に残されている歴史的資源を、歴史の小径という修景整備された道路や路地で結ぶことにより、来街者や住民が、快適に回遊・散策できるようにするため、整備を進めています。

事業概要につきましては、関連ファイルの「歴史の小径整備事業紹介パンフレット」をご覧ください。

都市景観整備事業

「都市景観整備事業」の画像まちかど蔵「大徳」とまちかど蔵「野村」は、江戸時代から土浦の商業の中心である中城通りに面して建築された商家造りの建築物です。

土屋藩9万5千石の城下町、また、旧水戸街道の宿場町として栄えたこの界隈は、この他にも江戸情緒を残す歴史的建造物が点在し、土浦城址(亀城公園)を中心とした歴史ゾーンの一角を形成しています。

土浦市では、平成9年度から平成14年度にかけて、大徳呉服店と野村家のご協力を得て、歴史的商家建築物の改修事業を行いました。

現在は、市民や土浦を訪れた人たちが、誰でも気軽に立ち寄れる市民の交流の場として、また、観光と文化の拠点、情報発信基地として活用されています。

土浦まちかど蔵(土浦市観光協会ホームページ)

景観まちづくり事業補助

景観まちづくり事業補助についてはこちらをご覧ください。

協働のまちづくりファンド(ハード)事業補助

協働のまちづくりファンド(ハード)事業補助についてはこちらをご覧ください。

 

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは都市計画課 計画係です。

土浦市役所(本庁舎 4階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2361・2266・2424 

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2020年8月3日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る