くらし

建築

家を建てるときの手続き

家を新築・増築・改築・移転するときは、工事の前に必ず建築確認を受けなければなりません。まず、建築計画概要書を建築指導課に提出して調査を受け、問題がない場合は、建築確認申請書を建築指導課へ提出し、建築主事が審査のあと確認済証を交付します。

【建築計画概要書を提出するときの注意】
  1. 敷地は幅員1.8m以上の道路に2m以上接しなければなりません。
  2. 道路幅が4m未満のときは、道路中心から2m以上後退して建築しなければなりません。
  3. 市街化区域内には用途地域の指定があり、それぞれの地域によって建築の用途制限が定められています。
  4. 建築の延面積および建築面積については、敷地面積に対する割合(容積率・建ぺい率)が地域によって定められています。
  5. 道路幅や敷地境界線までの距離などによって、建物の高さが制限されることがあります。
  6. 建築協定区域については、土地利用および建築物についてそれぞれ基準が定められています。
以上のほか民法による相隣関係についても注意してください。

宅地の造成の手続き

1,000m2以上の土地を宅地造成する場合は、都市計画法により開発許可が必要になります。この場合は「土浦市開発行為に関する指導要綱」に基づき事前協議が必要です。

共同住宅・中高層建築物を建てるときは

10戸以上の共同住宅や3階以上または高さが10mを超える建物を建築するときは、「土浦市共同住宅及び中高層建築物に関する指導要綱」に基づき事前協議が必要です。

住居表示地区に家を建てる場合

住居表示地区に家を新築する場合は、申請書(建物その他の工作物新築届)を総務課に提出していただき、住所の表示を決める必要があります。申請書は、総務課に備え付けてありますので、建物がある程度でき上がった時点で印鑑を持参し、総務課で届出を行ってください。
※家を改築、増築する場合は、届出の必要はありません。

住居表示地区

区分 整備区域
1次
(昭和47.11.1)
大和町、生田町、千束町、大町、桜町一・二・三・四丁目、有明町、港町一・二・三丁目
2次
(昭和49.5.1)
川口一・二丁目、東崎町、城北町、中央一・二丁目  大手町、文京町、立田町、田中一・二・三丁目
3次
(昭和50.5.1)
真鍋一・二・三・四・五・六丁目、東真鍋町、西真鍋町、真鍋新町
乙戸地区
(昭和51.9.1)
乙戸南一・二・三丁目
4次
(昭和52.5.1)
富士崎一・二丁目、下高津一・二・三・四丁目、国分町中高津一・二・三丁目、天川一・二丁目、上高津新町
5次
(昭和54.5.20)
蓮河原新町、小松一・二・三丁目、千鳥ケ丘町、小松ケ丘町、霞ケ岡町、桜ケ丘町、小岩田東一・二丁目、小岩田西一・二丁目
6次
(昭和55.5.20)
並木一・二・三・四丁目、都和一・二・三丁目
湖北地区
(昭和56.3.1)
湖北一・二丁目
7次
(昭和58.5.20)
中村南一・二・三・四・五・六丁目  西根南一・二・三丁目、北荒川沖町
8次
(昭和61.9.1)
荒川沖東一・二・三丁目、荒川沖西一・二丁目、中荒川沖町
9次
(昭和63.8.1)
神立中央一・二・三・四・五丁目、神立東一・二丁目
中村西根地区
(平成1.6.1)
西根西一丁目、卸町一・二丁目
木田余地区
(平成6.5.30)
木田余東台一・二・三・四・五丁目
上高津団地地区
(平成9.5.1)
上高津新町
田村・沖宿区画整理地区
(平成10.9.21)
おおつ野一・二・三・四・五・六・七・八丁目
若松町周辺地区
(平成12.3.6)
若松町、東都和、木田余西台、真鍋四・六丁目(街区を追加)
永国東町・中高津町一部
(平成15.3.3)
永国東町、中高津一丁目(街区を追加)
中村東町地区
(平成16.11.8)
中村東一・二・三丁目

※住居表示に関する問い合わせは、総務課総務統計係(内線2200)まで

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは建築指導課です。

土浦市役所(本庁舎 4階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 建築係⇒内線2254・2488・2408 宅地係⇒内線2334・2362 

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2008年9月22日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る