くらし

台風・大雨等への備え

情報

○ テレビやラジオの気象情報に注意
○ 防災関係広報を聞き逃さないように

備え

○ 水や食料、燃料などの用意台風・大雨等に備えて
○ 懐中電灯、携帯ラジオの用意(予備電池も十分に)
○ 下着、タオルなどの用意
○ ロープや1メートル程度の棒の用意も
○ 避難に備えて非常持出し品の点検を
○ 戸じまり、倒れやすいもの、吹き飛ばされやすいものの補強

避難

避難する場合は、次のことに注意しましょう

○ お年寄り、子ども、病人のいる家庭では、早めの避難を。
○ 塀や崖の近くを通るときには、それらから離れて通る。
○ 池、川などに沿った道では、吹き飛ばされて落ちないように離れて通る。
○ 増水中なら、お互いの身体をしっかりとしばって1列になって移動する。先頭の人は棒をツエにして足元を確認しながら進む。
○ 出水時は、長靴は水が入って歩きにくい。履物は、普段履き慣れている丈夫な靴が良い。
○ 服装は、雨具は活動しやすいものを。頭をできるだけ保護し、保温用衣服を着用するなどして、体温を逃がさないようにし、なるべく派手な色のものを着て目立つようにしましょう。

崖くずれなどには十分な注意を・・・

崖くずれ、地すべりなどの土砂災害は、長雨、大雨、豪雨により発生します。予測が難しいため、被害が大きいのも台風・大雨等に備えて特徴です。しかし、「前ぶれ」もありますので、崖地や傾斜地では注意深く様子を見て、早めに行動

■前触れ■ 
がけくずれ
・小石がパラパラと落ちる。
・崖に裂け目ができる。
・崖から水がわきでてくる。
地すべり
・地面にひび割れができる。
・陥没や隆起が生じる。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 危機管理室です。

土浦市役所(本庁舎 3階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2292

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2018年7月26日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る