くらし

医療費が高額になった時

自己負担限度額 および 高額療養費について

 1か月の医療費が高額になったときは、下記の自己負担限度額を超えた分が高額療養費として、茨城県後期高齢者医療広域連合から支給されます。

 初めて高額療養費の該当になった方には、診療を受けた3~4か月後に、広域連合から申請書類が届きます。国保年金課 医療福祉係または支所・出張所で申請手続きをしてください。(持参するものについては申請書に記載のお知らせをご確認下さい。)
 2回目以降の該当の場合は、申請手続きは不要です。広域連合から通知が届いたのちに、指定口座に高額療養費が振り込まれす。

※過去12ヶ月以内に外来+入院の限度額を超えた支給が3回以上あった場合、4回目以降は多数回該当となります。

低所得1、2について

後期高齢者医療制度被保険者の方で、下記の条件に該当する方が対象となります。
対象となる方には、「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」(黄色)を交付しますので、国保年金課 医療福祉係までお問い合わせ下さい。
保険証と一緒に病院の窓口に提示することで、1か月の自己負担限度額が減額となります。

低所得2
世帯全員の住民税が非課税の方(低所得1以外の方)
低所得1
世帯全員の住民税が非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる方

 

現役並み所得者1、2について

後期高齢者医療制度被保険者の方で、住民税課税所得145万円以上690万円未満の現役並み所得1、2(3割負担)の世帯の方につきましては、ご申請により
「後期高齢者医療限度額適用認定証」(水色)の交付を受けることができます。保険証と一緒に病院の窓口に提示することで、1か月の自己負担限度額が減額となります。
※現役並み所得者1、2の方で「後期高齢者医療限度額適用認定証」を医療機関へ提示しなかった場合、治療費についての自己負担限度額は252,600円+(医療費-842,000円)×1%です。

 

後期高齢者医療制度については、茨城県後期高齢者医療広域連合のホームページもご参照ください。
茨城県後期高齢者医療広域連合

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは国保年金課 医療福祉係です。

土浦市役所(本庁舎 1階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2316

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2019年2月6日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る