くらし

「施設型給付」と「地域型保育給付」

 
◆  子ども・子育て支援法の仕組み
新制度では、「施設型給付」及び「地域型保育給付」が創設され、この2つの給付制度に基づいて、
従来バラバラに行われていた認定こども園、幼稚園、保育所、及び小規模保育等に対する財政支援の仕組みが共通化されます。

『』の画像
※新制度では、公定価格のうち施設型給付費以外の費用を、利用者に負担していただきます。
 利用者負担(保育料)については、世帯の所得の状況に応じ,国が定める水準を基に検討しています。

『』の画像

◆新制度Q&A 

Q 新制度に入らない私立幼稚園(施設型給付を受けない)の取り扱いはどうなるのですか?
  質改善による充実は、私学助成についても実施されるのでしょうか?

A 新制度に入るか否か(施設型給付を受けるか)は、各幼稚園の判断に委ねることとしています。
  また、新制度への移行は、制度施行初年度だけではなく、いつでも可能な柔軟な仕組みになっています。
  新制度に入らない幼稚園に対する財政支援は、現行どおり、私学助成及び保護者への就園奨励費補助を行うこととなります。

 

今後も新制度の情報をお知らせしていきますが,国からの情報・新制度に関する情報は、内閣府少子化対策室ホームページ(http://www8.cao.go.jp/shoushi/)をご参照ください。

【問い合わせ】こども福祉課  029-826-1111 内線2419

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはこども福祉課です。

土浦市役所(本庁舎 1階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 保育係⇒内線2418・2419 児童福祉係⇒内線2304・2475 家庭児童相談員⇒内線2393 少子化対策室⇒内線2280

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2014年11月11日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る