1. ホーム
  2. 観光・文化
  3. 観光・文化のお知らせ
  4. モン太とつちまるの植物日記(上高津貝塚)

観光・文化

モン太とつちまるの植物日記(上高津貝塚)

<No.37> 平成30年9月28日

「縄文時代の弓の材料  

 縄文時代の狩猟道具の一つに弓矢があります。

  その弓は,イヌガヤやニシキギ属(マユミなど),カバノキ属(ミズメなど),ムラサキシキブ属(ムラサキシキブやコムラサキなど)の樹木が使われていました。弓に適した弾力のある樹木です。

  資料館玄関先には,まだ小さいですが,マユミとコムラサキをみることができます。弓を作るには株立ちの方が適していたと思われます。

  コムラサキは駄菓子のような紫色の果実をつけています。

 『『コムラサキ』の画像』の画像
  コムラサキの果実   平成30年9月23日 撮影
  果実は秋に紫色に熟します。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは上高津貝塚ふるさと歴史の広場(考古資料館)です。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場 〒300-0811 茨城県土浦市上高津1843

電話番号:029-826-7111(直) ファックス番号:029-826-6088

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2018年9月29日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る