1. ホーム
  2. 観光・文化
  3. 観光・文化のお知らせ
  4. モン太とつちまるの植物日記(上高津貝塚)

観光・文化

モン太とつちまるの植物日記(上高津貝塚)

<No.24> 平成29年2月19日

「冬を越す卵たち  

  広場にはたくさんの虫がいますが、冬を越すさまざまな卵や蛹(さなぎ)が見られます。建物の壁にはカマキリの卵、シラカシの葉には繭玉のような蛹が見られました。
  春になると、広場ではたくさんのカマキリが見られます。

  2月から3月にかけては至る所でウメが満開となります。考古資料館入口にあるウメの花は、みなさんを満開で迎えています。

  『カマキリ卵(2017.2.17)』の画像
  平成29年2月17日撮影  カマキリの卵 貝層断面展示施設壁

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは上高津貝塚ふるさと歴史の広場(考古資料館)です。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場 〒300-0811 茨城県土浦市上高津1843

電話番号:029-826-7111(直) ファックス番号:029-826-6088

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2017年2月19日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る