1. ホーム
  2. 市政
  3. 合併についての勉強会

市政

合併についての勉強会

市町村合併の基本的な考え方

これまで国の手厚い財政支援のもと大きく推進された平成の大合併も一区切りがつき、現在の市町村合併は市町村の自主的な選択へと大きく方向性、そして考え方が変わりました。 しかし、そのような中においても、地方分権の推進、人口減少社会への突入、少子高齢化の進展、日常生活圏の拡大に伴う広域的な行政需要が増大する中で、市民サービスの維持向上を図り、持続可能で、自立性の高い自治体を構築していくためには、市町村合併はこれからも最大の行財政改革として、また、市民の深まるニーズに対しても、一つの選択肢となることから、合併の可能性について検討していく必要があります。

勉強会立ち上げまでの経緯

・市原つくば市長は平成25年2月の茨城県経営者協会支部懇談会や、市議会の一般質問において、土浦市との合併について、その必要性を言及してきました。
・平成25年12月26日木曜日に市原市長が中川土浦市長を訪れ、合併について懇談を行いました。以下がその主な内容となります。

懇談内容

・人口が減少する中で、地域間競争が激しくなり、それに勝ち抜いていくには合併は一つの選択肢

・合併はお互いに行政のコンセンサスと、市民の盛り上がりがないと当然できないもの

・両市がまず行政で話し合い、理解を深めて、検討内容を市民に広げて、意見などを吸い上げていきながら、市民にも理解をしていただくという流れが必要

・土浦の歴史と伝統、つくばの先進性が一緒になることのメリットは大きい

・担当者同士でいろいろ、やれることから進めていくことが望ましい

・中川市長が、平成26年1月6日の記者会見において、平成25年度内での勉強会の開催の意向を示し、勉強会のスタートが切られました。

勉強会の開催状況

平成26年2月に、両市長や両市の副市長同席のもと、第1回目の勉強会を土浦市で開催し、基本的な認識等を共有しました。第2回目には、勉強会の進め方、検討項目、そして石岡市、守谷市、かすみがうら市及びつくばみらい市のオブザーバー参加等について協議し、第3回目以降、具体的な勉強会を行っております。

第1回合併についての勉強会(平成26年2月10日月曜日、土浦市開催)

土浦市は、中川市長、五頭副市長、小泉副市長、他3名、つくば市は、市原市長、岡田副市長、細田副市長、他5名、合計14名が出席し、以下の2点について協議し、合意しました。
(1)合併に対する両市の基本的認識
(2)勉強会の進め方等
(リンク)第1回勉強会報告資料

第2回合併についての勉強会(平成26年3月24日月曜日、つくば市開催)

土浦市は市長公室長、他4名、つくば市は企画部長、他5名の、合計11名が出席し、以下の2点についての協議・確認を行いました。
(1)石岡市、守谷市、かすみがうら市及びつくばみらい市の4市から要請があったオブザーバー参加についての検討
(2)次回の勉強会の進め方

第3回合併についての勉強会(平成26年4月28日月曜日、土浦市開催)

土浦市は市長公室長、他6名、つくば市は企画部長、他7名の、合計15名が出席し、以下の4点についての協議・確認を行いました。
(1)茨城県における両市の位置付けについて
(2)社会経済情勢の変化と市町村合併について
(3)中核市について
(4)両市における各種統計データ分析・比較について
(リンク)第3回勉強会報告資料

八王子市・所沢市への視察(平成26年5月22日木曜日)

・土浦市は2名、つくば市は3名の、合計5名で視察を行いました。
・八王子市については、平成19年4月東京都初の保健所設置市となって以降、様々な権限移譲を行いながら、国及び都と中核市移行について調整、検討を行い、平成27年4月の中核市移行を予定しています。
・所沢市につきましては、平成22年4月、埼玉県所沢保健所の施設の老朽化等の理由から、狭山保健所への移転・統合が行われ、それをきっかけに、事務レベルでの検討を行い、県からの移譲事務や財政面を考慮し、中核市移行は見送っています。
(リンク)先進地視察報告資料

第4回合併についての勉強会(平成26年7月3日木曜日、つくば市開催)

土浦市は、中川市長、五頭副市長、小泉副市長、他6名、つくば市は、市原市長、岡田副市長、細田副市長、他10名の、合計22名が出席し、これまでの勉強会での検討事項を市長・副市長に報告しました。
(リンク)第4回勉強会報告資料

第5回合併についての勉強会(平成26年8月22日金曜日、土浦市開催)

土浦市は市長公室長、他6名、つくば市は企画部長、他8名の、合計15名が出席し、以下の2点についての協議・確認を行いました。
(1)中核市について
(2)行政体制について
(リンク)第5回勉強会報告資料

第6回合併についての勉強会(平成26年10月16日木曜日、つくば市開催)

土浦市は市長公室長、他5名、つくば市は企画部長、他8名の、合計14名が出席し、以下の5点についての協議・確認を行いました。
(1)住民サービスに係る料金について
(2)公共施設の状況について
(3)都市基盤の整備状況について
(4)財政状況について
(5)行政体制について
第6回勉強会報告資料1
第6回勉強会報告資料2
第6回勉強会報告資料3
第6回勉強会報告参考資料

第7回合併についての勉強会(平成26年12月18日木曜日、土浦市開催)

土浦市は市長公室長、他5名、つくば市は企画部長、他8名の、合計14名が出席し、以下についての協議・確認を行いました。
(1)アンケートの結果について
第7回勉強会報告資料

第8回合併についての勉強会(平成27年2月12日木曜日、つくば市開催)

土浦市は市長公室長、他4名、つくば市は企画部長、他9名の、合計15名が出席し、以下についての協議・確認を行いました。
(1)合併についての勉強会報告書
(2)公共施設の立地状況
(3)市民アンケート「自由記述」分析結果

第9回合併についての勉強会(平成27年3月27日金曜日、土浦市開催)

土浦市は中川市長、五頭副市長、小泉副市長、他7名、つくば市は市原市長、岡田副市長、細田副市長、他9名の、合計22名が出席し、これまでの勉強会での検討事項を市長・副市長に報告しました。
第9回勉強会報告資料(新しいウインドウで開きます)

第10回合併についての勉強会(平成28年3月28日月曜日、つくば市開催)

土浦市は中川市長、五頭副市長、小泉副市長、他6名、つくば市は市原市長、岡田副市長、細田副市長、他7名の、合計19名が出席し、以下の議題について市長・副市長に報告するとともに、協議を行いました。
(1)昨年度までの経過について
(2)今年度の取組について
(3)今後の勉強会のあり方について

協議の結果、合併を見据えつつ、両市の更なる連携を深めるために、勉強会は継続することとなりました。 また、今後は、事務担当者における研究を中心に進めることとし、状況に応じて、両市長へ進捗状況等を報告することを勉強会と位置付け、開催する予定です。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは政策企画課です。

土浦市役所(本庁舎 3階)  〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2205・2425・2384・2371

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2016年5月23日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る