市長の部屋

市長記者会見 平成26年7月7日

・ 全国高等学校総合文化祭 いばらき総文2014
・ 土浦市消費生活連絡協議会結成40周年記念フェスタ
・ 小・中学校、幼稚園施設エアコン整備事業
・ 夏休みファミリーミュージアム
・ 土浦市民くらしの便利帳2014発行
・ 市長とランチ de トーク
・ 土浦全国花火競技大会
 

第38回全国高等学校総合文化祭 いばらき総文2014 弁論部門、アマチュア無線部門の開催について

 全国都道府県代表の高校生による芸術文化の祭典、「いばらき総文2014」が、今月の27日(日曜日)から31日(木曜日)の5日間開催され、演劇や吹奏楽、今回初の開催となるコンピュータなど、茨城県ならではの部門を含む23部門において、質の高い発表や展示が行われます。本市におきましては、弁論部門とアマチュア無線部門の2部門を開催いたします。
 弁論部門は、29日から30日、土浦市民会館を会場に、各都道府県から推薦された67校の高校生弁士が聴衆とひとつになって作り上げる「7分間1本勝負」で会場に熱い感動をもたらします。
 また、アマチュア無線部門は、28日から29日、県立中央青年の家を会場に、各地区予選を勝ち抜いた29校の高校生が、筑波山系の自然豊かな屋外フィールドで電波を使ったオリエンテーリングといわれるARDF競技(アマチュア無線の電波による方向探索)で競い合います。
 各会場とも、高校生たちの活躍と熱い感動を、大いに期待しております。

 

土浦市消費生活連絡協議会結成40周年記念フェスタについて

 消費者のリーダーとして永年、様々な消費者問題に取組み、市民の消費者意識の向上に努めてきた土浦市消費生活連絡協議会が、この7月で結成40周年を迎えることになりました。
 消費者団体の意義や役割、そして団体の取り組みなどを広く市民に紹介し、市民の消費生活に関する啓発と意識の高揚を図ることを目的に、40周年記念事業として式典並びに記念講演会を7月11日(金曜日)に開催いたします。さらに翌日からの2日間、消費生活展を開催いたします。

 

小・中学校、幼稚園施設エアコン整備事業について

 近年の猛暑に対応し、学習環境の向上を図るため、本市におきましては、平成24年度より年次計画で学校の普通教室へエアコン設置事業を進めてまいりました。平成24年度に市立幼稚園5園全ての保育室に、また同年に成立した国の大型補正予算を活用し、小学校20校全ての普通教室へ計画を前倒しして設置いたしました。更に、平成25年度におきましても、国の大型補正予算を活用し、中学校8校全ての普通教室へ設置し、本年7月より使用開始したところです。総事業費は約9億6千万円でございます。
 これらの設備を活用することによって、子どもたちの教育や学習意欲の向上が図られることを切に願っております。

 

土浦市立博物館と上高津貝塚ふるさと歴史の広場、夏休みファミリーミュージアムの開催について

 小・中学生の夏休み期間中に、親子を中心に展示と各種の体験講座を通して、郷土土浦の歴史と文化により親しんでもらうことを目指し開催するものです。
 市立博物館では、「霞ヶ浦に育まれた人々のくらし」の夏季展示品について、ワンポイント解説会を開催します。また、東櫓(ひがしやぐら)に収められていた「馬」の絵を初公開いたします。体験講座は、自分で書いた書道作品を掛軸にする講座や、はたおりなどを企画しています。
 上高津貝塚ふるさと歴史の広場では、「むかし 霞ヶ浦の貝と動物日記」のテーマ展で、土浦の遺跡から出土している貝や動物の骨、特にウマの骨を展示します。弥生時代以降、人々が動物とどのようにかかわって暮らしてきたのかについて、時代の移り変わりとともに分かりやすく解説します。体験講座は、縄文土器や編布(あんぎん)のポシェットづくり、勾玉(まがたま)作りを開催します。
 この両館の展示や体験講座に多くの皆さんの参加を期待しています。

 

市民くらしの便利帳について

 市民の皆さんに、毎日の生活に便利なガイドブックとして活用いただけるよう、2008年より隔年ごとに、広告掲載事業の一環として民間と行政の協働事業で発行しているものです。
 内容につきましては、市からの行政情報だけでなく、共同発行事業者である株式会社サイネックスにおいて、医療機関情報や観光情報などを盛り込んでおります。さらに、協賛いただいた事業主の皆さんに、広告を掲載していただくことで、情報の充実を図るとともに、製作から市民の皆さんへお届けするまでにかかる経費を負担いただいております。
 現在、作成作業を進めており、7月中旬から市内の全世帯に配布するとともに、土浦市に転入してくる方にお渡しする予定となっております。

 

ランチdeトークについて

 「ランチdeトーク」は、昼休みに私と職員が一緒に昼食をとりながら自由な雰囲気のなかで意見交換することで、コミュニケーションを深め、さらには仕事へのモチベーションの高揚を図ることを目的として、平成22年度から実施しており、これまで延べ58回、約360人の職員と昼食をともにしてまいりました。
 私にとりましても、市民と接している職員の声を直接聞くことができる大変良い機会であります。
 今年度も、主査昇格者、政策形成実践研修受講者、消防職員など合わせて8班、41名の中堅・若手職員と7月24日を皮切りに10月にかけて、月1回から3回のペースで実施してまいります。
 また、本市がカレーによる食のまちづくりに取り組んでいることから、今年度は、つちうらカリー物語の加盟店による、レンコンなどの地元食材を活用して作ったカレーを食べながら実施してまいります。

 

第83回土浦全国花火競技大会について

 10月に開催する「第83回土浦全国花火競技大会」の一般有料 桟敷席券「全国販売」の販売日が、7月24日木曜日の正午から31日木曜日の午後11時までに決定いたしました。ローソンチケットによる電話およびインターネットでの受け付けとなります。「窓口販売」は9月1日月曜日の午前8時から、霞ヶ浦文化体育会館となります。今年度から、「全国販売」「窓口販売」ともに抽選となりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
 また、この花火競技大会のフレーム切手を、本日より県南地域の郵便局や郵便局の通販ショップにおいて1500部の限定販売をしております。1シートが1080円でございます。土浦の花火フォトコンテストで入賞した作品を使用することで、華やかな仕上がりとなっており、毎回好評をいただいております。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは広報広聴課 広報広聴係(広報)です。

土浦市役所(本庁舎 3階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2331・2349・2396 

問い合わせフォームはこちら
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2015年6月11日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る