1. ホーム
  2. くらし
  3. つちうらの環境の保全と創造
  4. 平成30年度住宅用環境配慮型設備導入事業費補助事業(家庭用燃料電池システム・定置用リチウムイオン蓄電システム)

くらし

平成30年度住宅用環境配慮型設備導入事業費補助事業(家庭用燃料電池システム・定置用リチウムイオン蓄電システム)

 

 土浦市では,環境と共生した,うるおいとやすらぎのある「まち」の創造と地球環境の保全を目的として,環境に配慮した住宅用の家庭用燃料電池システム(エネファーム)や定置用リチウムイオン蓄電システムを設置される方に,予算の範囲内で経費の一部を補助します。

 平成30年度の募集は終了いたしました。

来年度も事業を継続して行う予定ですの,よろしくお願いいたします。(予算確定後に正式にご案内いたします。)

【資格・条件】

  1. 市内の自らが居住する住宅に補助対象設備をこれから設置される方,または自らが居住するために市内に補助対象設備付建売住宅をこれから購入する方
  2. 市町村税を滞納していない方
  3. 年度内にすべての手続きを完了することができる方
  4. 過去に以下の設備に係る土浦市の補助金を受けたことのない方(同一の世帯員を含む)
  • 潜熱回収型給湯器,CO2冷媒ヒートポンプ給湯器,ハイブリッド給湯器,ガスエンジン給湯器,家庭用燃料電池システム,太陽熱温水器,定置用リチウムイオン蓄電システム

 

【補助対象設備及び補助金額】 ※1

補助対象設備補助金額
家庭用燃料電池システム(エネファーム※2  50,000円/台
定置用リチウムイオン蓄電システム※3

※1:すべての補助対象設備は未使用品に限ります。

※2:家庭用燃料電池システム(エネファーム) 燃料電池ユニット並びに貯湯ユニット等から構成され,都市ガス,LPガスなどから燃料となる水素を取り出して空気中の酸素と反応させて発電し,発電時の排熱を給湯等に利用できるもの。

※3:定置用リチウムイオン蓄電システム リチウムイオン蓄電池部(リチウムイオンの酸化及び還元で電気的にエネルギーを供給する蓄電池をいう。)並びにインバータ等の電変換装置を備え,再生可能エネルギーにより発電した電力又は夜間電力などを繰り返し蓄え,停電時や電力需給ピーク時など必要に応じて電気を活用することができるものをいう。

 住宅用太陽光発電システムの設置については補助対象外となります。

 

詳細についてはこちらの「手引き」でご確認ください。

補助金交付申請書はこちら(補助金の申請時に必要です。)

チェックリストはこちら(補助金の申請時に必要です。)

 ※ 申請書等の様式はこのページの下,「関連ファイルダウンロード」からも印刷していただけます。

 ※申請書及び実績報告書の様式が変更されています。
 昨年度の様式はご利用いただけませんのでご注意ください!!

 

【申請受付窓口】

平成30年4月2日(月)より 市役所本庁舎2F21番窓口 環境保全課

受付時間: 土日祝日を除く午前8時30分~午後5時15分

 平成30年度の募集は終了いたしました。

  

【予算額】

125万円(内追加分15万円※三基分

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境保全課 環境政策係です。

土浦市役所(本庁舎 2階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2327・2379

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2018年12月12日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る