1. ホーム
  2. 市政
  3. 会議公開制度
  4. 審議会等の会議開催の結果
  5. 平成29年度
  6. 平成29年度第1回土浦市情報公開・個人情報保護審議会

市政

平成29年度第1回土浦市情報公開・個人情報保護審議会

議  事  概  要

 

審議会等の名称

土浦市情報公開・個人情報保護審議会

公開・非公開の別

公開

開 催 日 時

平成29年5月26日(金)

午後6時から午後7時20分まで

開 催 場 所

土浦市役所 男女共同参画センター研修室

出  席  者

(審議会側)辻中豊会長,宮坂渉委員,伊藤しのぶ委員,廣田宣治委員,岡田美枝子委員

(事務局側)前原課長,中嶋主査,佐々木係長,岩本係長,松本主幹,二宮主事

(関係課:政策企画課)山口課長,野中副参事,鈴木係長

※傍聴人 なし

議  題

(質疑)

(意見)

(1)平成28年度情報公開制度の運用状況について

〇総務課説明

○質疑応答  

※(質問)=委員の質問 (回答)=事務局の回答

(意見)=委員の意見

(1)審査請求について

(質問)『審査請求まで行ったケースは。』

(回答)『ありません。』

(2)情報公開の申出について

(質問)『基本的には市外在住者となるのか。』

(回答)『市の事業などに関係していなければ,大半が市外在住者となる。多いのが,事業者による金額算出等の参考とするための申出である。』

(3)請求理由について

(質問)『請求の理由は問わないのか。』

(回答)『理由は問わない。自由である。』

(4)書類廃棄による不存在について

(質問)『ルールに乗っ取っての廃棄なので仕方がない面もあるのか。』

(回答)『規程に沿って廃棄しているため,やむを得ないケースと考える。特別な事情があれば,延長する。』

(質問)『書類の種類によって(保存年限が)変わるのか。』

(回答)『そのとおり。』

(質問)『申請の時点で廃棄されていることが明らかな場合は。』

(回答)『事前に把握できていれば,申請を取り下げていただくケースもある。』

(5)請求件数の増加について

(質問)『平成28年度は,請求件数はかなり多いのか。』

(回答)『波があるので,一時的なものと思われる。今年度はまだそれほど請求はない。』

(6)市議会関係の請求について

(質問)『平成28年度は,請求件数は多い傾向にあるのか。』

(回答)『同じ請求者によるものが大半である。それに加え,数名が請求されている形である。』

(質問)『請求の割合は他年度と比べて多いのか。』

(回答)『平成28年度は,市議会議員の支出内容についての報道がなされた関係で,やや高い割合となっている。』

(7)実施機関別の請求件数について

(質問)『農村整備課や,公園関係,環境関係などが多いが,その内容は。』

(回答)『同じ請求者による繰り返しの請求の結果である。』

(質問)『詳しい内容は。』

(回答)『農村整備課は地籍調査の契約関係等,公園や環境は,公園に存するごみ捨て場の権利関係に関しての請求である。』

(8)情報公開室について

(質問)『どういう情報があるのか。』

(回答)『統計資料,市勢概要,予算書などである。』

(質問)『(それらは)ホームページには載っていないのか。』

(回答)『ホームページに掲載した上で,図書としても情報公開室で公表している。』

(2)平成28年度個人情報保護制度の運用状況について

〇総務課説明

○質疑応答

※(質問)=委員の質問 (回答)=事務局の回答

 (意見)=委員の意見

(1)市長公室への個人情報開示請求について

(質問)『土地売買契約書とは何か。』

(回答)『旧土地開発公社時代の文書で,購入者ご本人からの請求であったため開示したもの。』

(2)生活保護に関する開示請求について

(質問)『延長と記載されている理由は。』

(回答)『書類の量が多い場合などで,判断に時間を要するときは,2週間を目安に延長することができる。このケースがこれに該当した。』

(質問)『非開示の理由が多い要因は。』

(回答)『この記録は,書類そのものが多く,また,その内容が第三者からの意見が含まれていたり,判断などが記載されていたため,開示することにより一定の不利益が予想されることから,様々な事由で非開示となった。』

(3)個人情報開示請求において,本人が認知症の場合の確認方法について

(質問)『どのような方法で認知症の確認を行っているのか。』

(回答)『医師の診断を受けている場合は,診断書を確認させていただく。また,診断を受けていない場合は,介護担当の職員が,面談記録等の確認を行うことにより,状況を把握している。』

(質問)『自己申告だけでは認めていないのか。』

(回答)『自己申告だけでは認めない。場合によっては,職員が訪問などをして確認を行う。』

(3)広報つちうら5月中旬号の掲載内容について

〇総務課説明

○質疑応答なし

5  内    容(諮問案件)

(1)土浦市の保有する債権の管理回収における個人情報の目的外利用について

〇政策企画課説明

○質疑応答

※(質問)=委員の質問 (回答)=事務局の回答

 (意見)=委員の意見

(1)市税と国保税について

(質問)『両税が含まれていない理由は。』

(回答)『法律上の問題があるため,含めることができない。』

(質問)『滞納額は。』

(回答)『(両税を除いて)約3億8千万円ほど。市税は19億7千万円くらいである。』

(2)連帯保証人について

(質問)『台帳に連帯保証人の記載欄があるが,設定されるケースはあるのか。』

(回答)『台帳にはあるものの,実際に設定するケースは想定されない。』

(3)催告について

(質問)『現在の各課の対応は。』

(回答)『文書などにより催告を行っている。実情としては,各課それぞれで対応している。』

(4)本人同意について

(質問)『情報を共有することについて,個々に同意を得るのか。』

(回答)『全ての同意を得ることは困難なので,統一的な対応を図ることを,今回お諮りするものである。』

(5)情報へのアクセスについて

(意見)『担当者のみに限定するなど,広範にならないように努めるべきである。』

(6)情報漏えいについて

(意見)『当事業の実施により,漏えいなどが生じないよう,配慮してもらいたい。』

議 事 結 果

以上について事務局及び関係課から説明を受け,質疑応答を経た結果,当審議会は全ての案件について了承した。

諮問案件については,妥当であると答申した。

※(事務局)補足で,職務代理者及び会議録に署名する者の指名を行った。

審議会等の

事務局

 

総務部総務課文書法制係

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 文書法制係です。

土浦市役所(本庁舎 3階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2209  

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2017年6月20日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る