1. ホーム
  2. 観光・文化
  3. 観光・文化のお知らせ
  4. 古文書講座「色川三中著『野中の清水』を読む」を開講します(全5回)

観光・文化

古文書講座「色川三中著『野中の清水』を読む」を開講します(全5回)

講座の概要

「古文書にはどんなことが書かれているんだろう」「江戸時代の人はどんなことを考えていたんだろう」

そんな風に疑問を感じたことはありませんか。その疑問を講座で解き明かしてみませんか。

『色川三中『野中廼清水』(一・二・四・七)の画像』の画像今回の講座では、江戸時代後期の土浦を代表する国学者である色川三中(1801~55)が著した「野中の清水」(茨城県指定文化財)をテキストにして行います。「野中の清水」には、本草、薬方、国史や古語など、このほかにも三中が集めた290件の記事が、細かい癖のある字で綴られています。

記録をし、それを読み直すことで、社会の移り変わりを冷静に見つめようとした幕末町人の足跡をたどってみましょう。

「古文書って難しそう」「くずし字は読めそうもない・・・」と感じていらっしゃる方にもわかりやすく丁寧に解説します。


写真:色川三中「野中廼清水」(一・二・四・七)茨城県指定文化財

日程と内容 ※開講日はいずれも日曜日で、全5回の講座です。

第1回    9月24日「古文書の特徴」『かめくん「くずし字で書かれた江戸時代の古文書を読んでみませんか」』の画像

第2回  10月22日「かきぐせ」

第3回  11月12日「土浦のことば」

第4回  12月10日「くちぐせ」

第5回   平成30年1月28日「古文書を学び続けるために」

 

【時間】 各回とも午前10時から12時まで
【会場】 博物館視聴覚ホール(定員60名、申込み順
【費用】 500円(全5回分の資料代、初回の講座で集めます)
【講師】 博物館学芸員

講座のお申し込みについて

9月5日(火曜日)から12日(火曜日)まで、申し込みを受け付けます。

電話(029-824-2928)もしくは直接博物館受付までお願いします。

※定員になり次第、申し込みを締め切ります。

※月曜日は休館日です。

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは土浦市立博物館です。

土浦市立博物館 〒300-0043 茨城県土浦市中央一丁目15-18

電話番号:029-824-2928(直) ファックス番号:029-824-9423

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2017年7月28日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る