1. ホーム
  2. くらし
  3. くらしのお知らせ
  4. 腸管出血性大腸菌による食中毒に注意しましょう

くらし

腸管出血性大腸菌による食中毒に注意しましょう

 腸管出血性大腸菌O157による食中毒が発生しています。

 腸管出血性大腸菌は、通常の食中毒菌に比べて感染力が強く、また、乳幼児や高齢者等が感染した場合、重症化することがありますので特に注意が必要です。

 腸管出血性大腸菌による食中毒は、無症状でも保菌している人が調理中に食品を汚染する場合や、汚染された食品の加熱不足等により発生しています。

 腸管出血性大腸菌は75℃で1分間以上の加熱で死滅しますので、よく加熱して食べましょう。

 下痢や腹痛など体調が悪い方は医療機関を受診してください。その際は、食事の内容などを医師にお伝えください。

 

【腸管出血性大腸菌とは】

 大腸菌は、家畜や人の腸内にも存在します。ほとんどのものは下痢の原因になることはありませんが、このうちいくつかのものは、人に下痢などの消化器症状や合併症を起こすことがあり、病原大腸菌と呼ばれています。病原大腸菌の中には、毒素を産生し、出血を伴う腸炎や溶血性尿毒症症候群(Hemolytic Uremic Syndrome、HUS)を起こす腸管出血性大腸菌と呼ばれるものがあります。

 腸管出血性大腸菌は、菌の成分(「表面抗原」や「べん毛抗原」などと呼ばれています)によりさらにいくつかに分類されています。代表的なものは「腸管出血性大腸菌O157」で、そのほかに「O26」や「O111」などが知られています。

 腸管出血性大腸菌は、牛などの家畜や人の糞便中に時々見つかります。家畜では症状を出さないことが多く、外から見ただけでは、菌を保有する家畜かどうかの判別は困難です。

※ 参考:厚生労働省HP「腸管出血性大腸菌Q&A」(外部リンク)

 

【食中毒予防について】

 食中毒予防の3原則は、食中毒菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」です。

 これらの原則に注意して、家庭での食中毒を防ぎましょう。

 

食中毒予防の3原則「細菌をつけない」「細菌を増やさない」「細菌をやっつける」


細菌をつけない(清潔・洗浄)

調理道具やフキンなどは、よく洗って清潔なものを使いましょう。生肉を切った後や一日の終わりに、熱湯や漂白剤等を使って消毒しましょう。
調理前、調理中など、手はこまめに洗いましょう。特に生ものをさわった後は、石鹸を使ってしっかり手を洗いましょう。

細菌を増やさない(迅速・冷却)

購入した食品は、帰宅したらすぐに冷蔵庫や冷凍庫で保管しましょう。
調理は迅速に。調理後は早めに食べきりましょう。
大量に作り置きした食品を、そのまま数時間から一晩放置しないようにしましょう。

細菌をやっつける(加熱・殺菌)

加熱して食べる食品は、生焼けにならないよう中心部まで十分に加熱しましょう。
冷蔵庫や賞味期限を過信せず、食品の糸やにおいがおかしいと思ったら、思い切って処分しましょう。

 

 『つちまるえんぴつイラスト』の画像腸管出血性大腸菌による食中毒について、ご家庭でできる食中毒の予防に 

 ついてなど、詳しくは以下のサイトにてご覧いただけますので、ぜひご覧

 ください。

 

※ 参考:腸管出血性大腸菌O157等による食中毒について:厚生労働省(外部リンク)

     食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント:政府広報オンライン(外部リンク)

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

土浦市保健センター 〒300-0812 茨城県土浦市下高津二丁目7-27

電話番号:029-826-1111(代) 029-826-3471(直) 管理係⇒内線7508 母子保健係⇒内線7513・7514・7506・7507 健康支援係⇒内線7502・7503・7504・7505 ファックス番号:029-821-2935(直)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2017年10月24日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る