1. ホーム
  2. くらし
  3. 健康・医療
  4. 母と子の健康
  5. 乳幼児突然死症候群(SIDS)から赤ちゃんを守りましょう

くらし

乳幼児突然死症候群(SIDS)から赤ちゃんを守りましょう

 乳幼児突然死症候群(SIDS)とは、それまで元気だった赤ちゃんが、窒息などの事故ではなく睡眠中に突然死亡する病気です。日本では、おおよそ6,000人~7,000人に一人の赤ちゃんがこの病気で亡くなっていると推定されています。生後2か月から6か月に多く、まれに1歳以上でも発症することがあります。原因はまだわかっていませんが、次の3つを守ることで、発症の可能性を小さくすることができます。

SIDSから赤ちゃんを守る3つのポイント

(1)あおむけ寝 

 医学上の理由でうつぶせ寝をすすめられている場合以外は、あおむけに寝かせましょう。

(2)禁煙

 妊娠中はもちろん、赤ちゃんのそばで喫煙してはいけません。

(3)母乳

 母乳の出方には個人差がありますが、母乳が出る場合はできるだけ母乳で育てましょう。

 

必要以上に不安に思うことはありませんが、日頃の子育てを再確認してみましょう。

 

【厚生労働省ホームページ】

「乳幼児突然死症候群(SIDS)対策強化月間」(新しいウインドウで開きます)

「乳幼児突然死症候群(SIDS)について」(新しいウインドウで開きます)

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

土浦市保健センター 〒300-0812 茨城県土浦市下高津二丁目7-27

電話番号:029-826-1111(代) 029-826-3471(直) 管理係⇒内線7508 母子保健係⇒内線7513・7514・7506・7507 健康支援係⇒内線7502・7503・7504・7505 ファックス番号:029-821-2935(直)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2018年11月1日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る