くらし

医療福祉費支給制度(マル福)

平成30年10月から小児マル福の助成対象者が拡大されました

マル福とは

 マル福とは,保険証を使って医療機関などにかかった場合,窓口で支払う一部負担金の費用を助成する制度です。

助成の適用範囲

 健康保険が適用となる病院,診療所,調剤薬局等の費用

 ※定期健診,予防接種,薬の容器代,文書料,交通費等の保険診療外費用や,入院時の食事代や差額ベッド代等は助成の対象となりません。

対象となる方

種類

対象者

 受給者証の色 期間 更新時期

小児

 0歳から小学6年生までのお子さんで,父母または扶養義務者のそれぞれの所得が,県の所得制限(※)を超えない世帯

 白色

(入院・外来)

 出生の日から小学6年生の年度末(3月31日)まで  

誕生月の月末(1日生まれはその前月)

ただし,小学6年生は,中学入学時に自動更新  

 0歳から小学6年生までのお子さんで,父母または扶養義務者のそれぞれの所得が,県の所得制限(※)を超える世帯

 水色

(入院・外来)

 中学1年生から高校3年生までのお子さんで,父母または扶養義務者のそれぞれの所得が,県の所得制限(※)を超えない世帯
(高校生の制度については平成30年10月1日から適用)

 白色(入院のみ)

水色(外来のみ)
※高校生は対象外

 

 中学1年生から高校3年生の年度末(3月31日)まで 
※高校生は所得制限あり

誕生月の月末(1日生まれはその前月) 
 中学1年生から中学3年生までのお子さんで,父母または扶養義務者のそれぞれの所得が,県の所得制限(※)を超える世帯

水色

(入院・外来) 

 中学1年生から中学3年生の年度末(3月31日)まで

妊産婦

 母子手帳を交付された方で,本人,配偶者または扶養義務者のそれぞれの所得が,県の所得制限(※)を超えない世帯

 白色

(産婦人科用)

ピンク色

 母子手帳交付月の1日から出産日の翌月末まで なし

 

母子手帳を交付された方で,本人,配偶者または扶養義務者のそれぞれの所得が,県の所得制限(※)を超える世帯

 

 ピンク色
ひとり親家庭

次の要件に該当する方で,本人及び扶養義務者の所得が所得制限を超えない方

・子が18歳になった日以降の3月31日までの父子,母子

・20歳になった日以降の最初の3月31日までの障害児とその父,母

・20歳になった日以降の最初の3月31日までの高校在学者とその父,母

・父母のいない児童

・父母のいない児童を養育している配偶者のない方

・配偶者が重度心身障害者マル福を受給している方と,その養育されている児童

 白色

児童が18歳になる年度末(3月31日)まで

(重度障害,高校在学の場合などは20歳になる年度末(3月31日)まで)

毎年6月末
重度心身障害者

次の要件に該当する方で,本人,配偶者及び扶養義務者の所得が所得制限を超えない方

・身体障害者手帳の1級,2級の交付を受けている方

・身体障害者手帳の3級(内部障害)の交付を受けている方

・療育手帳(判定A以上)の交付を受けている方

・療育手帳(IQ50)で,かつ身体障害者手帳3級の交付を受けている方

・特別児童扶養手当1級の支給対象の児童

・障害年金1級の受給権者

 白色 左記の状況でなくなるまで 毎年6月末

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (注)更新については資格及び所得を確認の上,自動更新後,受給者証を郵送いたします。所得の確認ができない等の理由

    により更新ができない方については別途通知さし上げます。

 

※県の所得制限額は次の表のとおりです。

 

[小児・妊産婦]

                                         (単位:千円)

扶養親族数 所得制限額 うち老人控除対象配偶者又は扶養親族数
1人 2人 3人
なし 6,300
1人 6,680 6,740
2人 7,060 7,120 7,180  -
3人 7,440 7,500 7,560 7,620

 

[ひとり親家庭]

                                                                                           (単位:千円) 

扶養親族数 所得制限額 うち老人控除対象配偶者又は扶養親族数
1人 2人 3人
なし 3,096
1人 3,476 3,576
2人 3,856 3,956 4,056  -
3人 4,236 4,336 4,436 4,536

 

 

[重度心身障害者

                      (単位:千円)

扶養親族数  所得制限額  
  本人 配偶者・扶養義務者
なし 5,209 6,287
1人 5,589 6,536
2人 5,969 6,749
3人 6,349 6,962

 

制度を利用するには

 事前に「マル福受給者証」の交付申請手続きが必要です。申請手続きは,市役所国保年金課または支所・出張所で受け付けておりますので,下記のものを持参してください。なお,申請が遅くなると,制度のご利用開始時期が遅れる場合がありますのでご注意ください。
※申請に必要なものがすべてそろっている場合に,市役所国保年金課への申請では即日交付できますが,支所・出張所への申請の場合には郵送交付となり,1週間程度時間がかかります。

各種類共通で必要なもの

+ 

 

その他種類ごとに必要なもの

・保険証

・認印

・口座番号(本人名義,ただし,小児の場合は保護者のもの)

・所得証明書(総所得,扶養人数が記載されているもの。源泉徴収票は不可。)

※土浦市で所得確認ができない方(転入者など)は必要です。年度についてはお問い合わせください。

<出生届の場合は> 届出には、個人番号(マイナンバー)の記入が必要です。(父・母)個人番号通知カードおよび免許証など申請者の身元確認が出来るものをお持ちください。なお、個人番号や身元確認に必要なものはリンク先をご覧ください。

妊産婦 ひとり親家庭 重度心身障害者
母子手帳

父子家庭,母子家庭であることが確認できる書類

(父または母の戸籍謄本など)

障害の程度が確認できる書類(身体障害者手帳,

療育手帳,年金証書など)

制度を利用した時の定額自己負担金

  ●外来  医療機関ごとに1日600円 1か月2回(1,200円)までの自己負担
 ●入院  医療機関ごとに1日300円 1か月3,000円までの自己負担
 ●調剤薬局  自己負担なし

 ※重度心身障害者は外来,入院の定額自己負担がありません。(入院時の食事代,差額ベッド代等は除く。)

医療機関にかかるとき

 水色の「医療福祉費受給者証」をお持ちの方
 ●茨城県内の医療機関にかかるとき
  医療機関窓口で,保険証とともに「医療福祉費受給者証」を提示してださい。(院外処方箋の場合,調剤薬局でも提示してください。)
  ※健康保険が適用にならないものは別途お支払いください。
  ※白色の「妊産婦医療福祉費受給者証」は,産婦人科または産婦人科の紹介により産婦人科以外の医療機関で受診する場合に限ります。
           ↓
  定額自己負担金(外来の場合:医療機関ごとに1日600円 1か月2回(1,200円)までの自己負担金)のみの支払いとなります。(重度心身障害者は定額自己負担金がありません。)

  

 ●茨城県外の医療機関にかかるとき
  「医療福祉費受給者証」は使用できません。
  医療機関窓口では保険証を提示し,所定の一部負担金をお支払いください。
         ↓
  次の方法で(※1)償還払いの申請をしてください。
  いったん支払った一部負担金が口座に振り込まれます。振込時期は,申請してから通常2か月後になります。

  

ピンク色の「妊産婦受給者証」をお持ちの方

  県内県外を問わず,産婦人科以外の医療機関(内科,眼科,皮膚科,歯医者等)を受診する場合には,いったん医療機関で一部負担金をお支払いしていただき,後日,償還払いの申請をしてください。

 

※白色の「妊産婦医療福祉費受給者証」が非該当の方は・・・
  ピンク色の「妊産婦受給者証」が,産婦人科を含めたすべての医療機関を対象とします。

     いったん医療機関で一部負担金をお支払いしていただき,後日,償還払いの申請をしてください。

 

※1:償還払いとは・・・医療機関等で支払った一部負担金を返金すること。 

償還払いの手続きについて

【受付日時】 月曜日~金曜日 8:30~17:15(祝日,年末年始休業日除く)
【受付期日】 受診した日から2年間
【申請場所】 土浦市役所国保年金課,支所・出張所
【償還払いに必要なもの】  (1) マル福受給者証  (2)保険証  (3)認印
                   (4)振込先の口座の内容が確認できるもの(通帳等)・・・重度心身障害者の方で振込口座が未登録の方
                   (5)医療機関発行の領収書原本(受給者氏名と保険点数が記載されたもの)
                                 (6)高額療養費・付加給付金等の支給決定通知書(給付の対象となる場合)

【振込時期】 申請してから約2か月後

     

その他

●変更・喪失届出など・・・市役所への届出が必要です。

事例 届出に必要なもの

保険証が変わったとき(記号,番号の変更を含む)

  • マル福受給者証
  • 新しい保険証
  • 認印
市外へ転出,または死亡・死産(流産したとき)
  • マル福受給者証
  • 認印
住所・氏名・扶養義務者等が変わったとき
父子・母子家庭の方が婚姻したとき(事実婚を含む)
障害等の内容が変わったとき
  • マル福受給者証
  • 内容が変わったことがわかるもの(身体障害者手帳,療育手帳,年金証書など)
  • 認印

 

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは国保年金課です。

土浦市役所(本庁舎 1階) 〒300-8686 土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 国保賦課係⇒内線2296 国保給付係⇒内線2295 医療福祉係⇒内線2316 国民年金係⇒内線2290

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?