観光・文化

テーマ展「秋の夜空を彩る花火―土浦全国花火競技大会の歴史」を開催しています

『テーマ展「秋の夜空を彩る花火」タイトルロゴ』の画像 

【会期】令和元年9月14日(土曜日)から11月10日(日曜日)まで

〇無料開館:10月26日(土曜日)土浦全国花火競技大会・11月3日(日曜日)文化の日

〇休館日:毎週月曜日(ただし、国民の祝日及び11月4日は開館)、9月17日(火曜日)、24日(火曜日)・10月15日(火曜日)・11月5日(火曜日)

 

展覧会概要

土浦市で開催される「土浦全国花火競技大会〔土浦の花火〕」の始まりは、今から94年前の大正14(1925)年までさかのぼり、今年で88回目を迎えます。毎年、秋も深まる10月に行われてきました。この開催時期の理由には、夏に比べ空気が澄み、花火をより良く鑑賞できる季節であることがあげられます。加えて、「土浦の花火」発案者の神龍寺(土浦市文京町)住職秋元梅峯の想いや、戦後の競技大会を発展させた土浦火工株式会社の活動も関係していました。今回の展示では、なぜ、「土浦の花火」の開催が、夏ではなく秋の10月に行われるのか、その歴史を紹介します。

 

記念行事

展示解説と歴史散歩【開催日】10月5日(土曜日)  ・10月14日(月曜日・体育の日)

【内容】展示の解説に加え、博物館近くの神龍寺に残る土浦全国花火競技大会の創始者・秋元梅峯の足跡をたずねます。

【案内】当館学芸員

【時間】午前10時30分から11時50分まで(小雨決行)

【申込】当日直接 ※入館料が必要です。

 

ミュージアムシアター「土浦の二つの花火」【開催日】10月26日(土曜日・土浦全国花火競技大会)

【内容】「大畑のからかさ万灯」「土浦の花火~伝統花火から土浦全国花火競技大会まで~」という二つの記録映像の上映会です。

【時間】「大畑のからかさ万灯」午前11時から11時40分まで・午後2時20分から3時まで
           「土浦の花火」午後1時30分から2時10分まで・3時10分から3時50分まで

【場所】当館視聴覚ホール

【定員】70名

【申込】当日直接

 

呈茶「お茶を一服いかがですか―花火によせた茶会」【開催日】11月3日(日曜日・文化の日)

【呈茶】茨城県立土浦第二高等学校茶道部

【時間】午後0時30分から3時まで

【会場】当館展示ホール

【定員】100名・先着順

【茶券】200円 ※9月14日(土曜日)から博物館受付で販売します。

 

ちょっと体験「打上会場で、はい、ポーズ!」 ※会期中いつでも体験できます。

打上会場(写真)を背景に、本物の花火筒と一緒に写真が撮れます。花火筒は、博物館ロビーに設置されています。

※撮影の際には入館料が必要です。

 

展示資料

『テーマ展1』の画像『テーマ展2』の画像『テーマ展3』の画像『テーマ展4』の画像『テーマ展5』の画像

(写真)上左:「土浦の花火」ポスター 当館所蔵 上中:内閣総理大臣賞杯  野村花火工業株式会社所蔵
    上右:競技大会初期の記念写真  一般社団法人土浦市観光協会保管
    下左:第8回大会出品受付簿  当館所蔵 下右:総理大臣盃〔本盃〕  柳橋町会(柳睦会)所蔵

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは土浦市立博物館です。

土浦市立博物館 〒300-0043 茨城県土浦市中央一丁目15-18

電話番号:029-824-2928(直) ファックス番号:029-824-9423

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?