1. ホーム
  2. 環境・まちづくり>
  3. つちうらの環境の保全と創造>
  4. 土浦市のつーチャンEMSについて

環境・まちづくり

土浦市のつーチャンEMSについて

土浦市役所では,自ら一事業者としての立場に立ち,市役所が行う事務事業の環境負荷を低減するため,平成17年6月3日に「ISO14001認証取得キックオフ宣言」し,平成18年6月14日にISO14001:2004の認証を取得しました。

さらに,平成19年6月13日には新治地区の公共施設について拡大取得し,小中学校を除くすべての行政活動においてISO14001:2004の認証を取得し,省エネ・省資源の取組,環境施策・事業を推進し,二度の更新審査を経てきました。

また,平成22年度には,改正省エネ法により市長部局と教育委員会が省エネ法の特定事業者に指定されたため,省エネ法に基づく取組みを進めてきました。

これまでの経験やノウハウを踏まえ,平成27年度よりISO14001に代わり第三期土浦市役所環境保全率先実行計画に基づく「つーチャンEMS」の運用を開始し,平成28年度には第四期土浦市役所環境保全率先実行計画の策定に伴い「つーチャンEMS」の改訂を行いました。

今回,第四期土浦市役所環境保全率先実行計画の中期計画の策定に伴い,「つーチャンEMS」を見直しました。

1.環境方針

 私たちは、西に名峰筑波山を仰ぎ、東には豊かな水をたたえる霞ヶ浦を擁し、この地の自然から大いなる恩恵を受けて、今日の繁栄を築き上げてきました。
 しかしながら、現在の私たちは、豊かな生活を手に入れた一方で資源やエネルギーの大量消費などにより環境への負荷を与えてきたことも事実であります。
 このような現状を認識するとともに、すべての市民・事業者との協働により、持続可能な循環型社会を構築し、「水と緑 人と人の『環(わ)』でつくる低炭素都市」の実現を目指し、かけがえのないこの恵まれた自然を次の世代へ継承するため、市役所が率先して環境保全活動に取り組むこととします。

  1. 環境マネジメントシステムを継続的に進めることにより、霞ヶ浦の水質保全及び省資源・省エネルギー・廃棄物の減量化・リサイクルの推進に努めます。

  2. 環境に関する法令・規則・自主規制及びその他の要求事項を遵守し、あらゆる計画について効率的・効果的に事務事業を推進します。

  3. 事務事業の企画立案にあたっては、構想・計画の段階から環境への配慮を重視するとともに、実施にあたっては日常の点検を行うなど環境の保全に努めます。

  4. 地域の環境リーダーとして率先して行動することにより、市民や事業者をリードし、「2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロ」を目指します。

  5. 環境方針は、全ての職員等に周知するとともに、市内外にも広く公表し、環境保全意識の高揚・啓発に努めます。

令和3年3月  土浦市長  安 藤 真理子

2.適用範囲

本庁舎,高津庁舎などの一般事務庁舎の他,清掃センターや斎場,図書館,公民館,保育所,幼稚園,消防署などを対象としています。また,平成29年度から指定管理者等により施設管理・事務事業を全て委託している施設,及び市立小・中学校についても適用します。

 3.活動の経過

活動内容

平成17年

6月

キックオフ宣言
平成18年

6月

ISO14001認証取得 
平成19年

6月

ISO14001認証適用範囲拡大(新治地区を拡大取得) 
平成21年 

6月

ISO14001認証更新 
平成24年

6月 

ISO14001認証更新(2回目)
平成27年

4月 

つーチャンEMSの運用開始 

平成29年

3月

つーチャンEMS改訂

令和3年

3月

つーチャンEMS見直し

4.内部監査

内部監査は,本市が定めたシステムが適切に運用維持されてきたかを監査し,改善の可能性を有する事項を特定して,環境管理統括者(市長)の見直しの資料として提供するために実施しています。

令和2年度内部監査結果

令和2年10月21日~12月23日にかけて,内部監査員39名により内部監査を実施しました。

 

分類 件数 主な内容
重大な
不適合
1件

◆3-1 法令及びその他の規則等の順守評価

(1) 空調機購入に合せて行われたエアコンの撤去処分業務において,マニフェストの排出事業者が土浦市ではなく,請負者名が記載されていた。また,機器そのものの廃棄は廃棄物処理法の適用を受けるため,運搬・処分業者との契約が必要だが,確認できなかった。(こども福祉課)

軽微な
不適合

10件

◆教育・研修の実施

(1) 会計年度任用職員の教育を実施していなかった。(生活安全課)

(2) 年度途中で採用した会計年度任用職員1名への,EMS教育が未実施だった。(国保年金課)

◆法令及びその他の規則等の順守評価

(3) 排出された産業廃棄物(グリストラップからの汚泥)の処理及び処分についてマニフェストA票及びB2票が確認できなかった為,保管すること。(こども福祉課)

(4) 事業系可燃ごみとして,処理方法が適切でない施設があった。(こども相談課)

(5) 産業廃棄物(小町庵のグリストラップの汚泥)の委託処理に関し,産業廃棄物管理票(マニフェスト)のA票がないものが複数あった。(小町の館)

(6) フロン排出抑制法に関し,小町庵に設置されているティーサーバー1台(冷媒としてフロン充填あり)の簡易点検が実施されていなかった。(小町の館)

(7) 産業廃棄物(厨房のグリストラップ汚泥)の処理委託契約書について,収集運搬契約及び処分契約ともに,契約書に委託業者の許可証の写しが添付されていなかった。(農業センター)

(8) 廃蛍光管(産業廃棄物)の保管場所の掲示板の記載内容について,産業廃棄物の種類が「金属くず,廃プラスチック類」となっていたが,正しくは「金属くず,ガラスくず(水銀使用製品産業廃棄物)」となる。また,廃蛍光管は立てかけて保存されていたが,中に水銀が入っており割れると危険なため,箱に入れるなど転倒防止及び破損防止措置をとること。(農業センター)

(9) 業務用エアコンについてフロン排出抑制法に基づく簡易点検を実施すること。また,法令及びその他の規則等登録票及び遵守評価票への記載を行うこと。(公園街路課)

◆3-2 所属ごとの目標管理の監視,測定及び評価

(10) 令和2年度の監視測定について,各月の「活動の評価」欄に推進責任者の押印がなかった。(環境保全課)

検討事項 11件

(1) 機密文書の処分について,分別の徹底,シュレッダーの活用等,引き続き,リサイクル率の向上に取り組んで頂きたい。(納税課)

(2) 目標値の設定について,基準年度と近年の実績に大きな乖離が見られる項目があることから,基準年度や目標の再検討を提案した。(生活安全課)

(3) 緊急事態対応手順書は作成されていたが,最新版になっていなかった。(関係課の記載が旧名称のままになっていた。)(環境保全課)

(4) フロン排出抑制法に基づく点検記録簿について、「管理者の判断基準」に定められている記載事項の一部(設置場所、定格出力、冷媒フロンの種類及び初期充填量)が漏れていました。(障害者自立支援センター)

(5) 保育所内にアスベスト含有物及びPCBの有無を把握するのが望ましい。または把握が難しい場合は,建材や機器の製造年から推測し,疑わしい物があればその旨,譲渡する相手方に周知される様に検討を願う。(こども福祉課)

(6) 外部施設の廃棄物排出量について記録がなかった。(こども相談課)

(7) 教育・訓練未実施の会計年度任用職員には,速やかな教育の実施を,また,休職中の職員が複数名いるため,復職の際は同じく教育の実施を提案した。(国保年金課)

(8) 産業廃棄物(汚泥)処理の委託契約書において、契約書の法定記載事項である適正処理のために必要な事項(性状および荷姿、他の廃棄物の混合等により生ずる支障に関する事項、他)を環境省の「廃棄物データシート」を参考に書類を作成すると記載されていましたが、当該書面が確認できませんでした。これらは契約書の法定記載事項のため、別紙で作成した場合は契約書に添付して保管する必要があります。(下水道課)

(9) フロン排出抑制法に基づく点検記録簿について、「管理者の判断基準」に定められている記載事項の一部(定格出力、冷媒フロンの種類及び初期充填量等)が漏れていました。(下水道課)

(10) 電気室にオイルやシンナーの一斗缶があり、その上に段ボール等が置かれていました。もし中身が入っているのであれば、危険物(可燃性液体)のため、燃えやすいものを近くに置かないなどの管理をしてください。(土浦市火災予防条例第30条第1項第2号)(大岩田配水場)

(11) フロン排出抑制法に基づく点検記録簿について、「管理者の判断基準」に定められている記載事項の一部(設置場所、定格出力、冷媒フロンの種類及び初期充填量)が漏れていました。(図書館)

 上記指摘事項について,是正が確認されました。

内部監査の所見(内部監査リーダー)

今回の内部監査では,新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため,監査対象所属は主にウララ及びウララ2の所属に対して実施されたが,環境マネジメントシステムに関する理解と活動が定着し,PDCAが実践されていることが確認できた。

しかしながら,一部の所属においては,廃棄物処理法などの環境法令に対する知識や,教育・研修の実施,測定及び評価などのシステムに対する認識の不十分なところが見受けられた。

これらについては,研修をはじめ,推進員交代時の確実な引継ぎや推進責任者,推進員,業務担当者間での役割を整理し,不備が生じないよう注意されたい。

また,事務局は,上記指摘事項の所属への周知の徹底を図るとともに,研修,情報提供などを行い,所属へのフォローアップを徹底されたい。

以上を踏まえ,今年度において前期計画期間を満了する第四期土浦市役所環境保全率先実行計画に定められた,温室効果ガスの全体目標の達成と,環境方針の実現に向け,確実なシステムの維持と継続的な改善を行われたい。

5.実施状況

令和2年度の活動状況

番号 実施項目 令和 2 年度
1 電気使用量の削減
2 ガソリン使用量の削減
3 軽油使用量の削減
4 灯油使用量の削減
5 A 重油使用量の削減
6 LPG 使用量の削減 ×
7 都市ガス使用量の削減
8 可燃廃棄物排出量の削減
9 リサイクル率の向上
10 水使用量の削減
11 紙使用量の削減
12 公用車の燃費を維持 ×

〇:達成    ×:未達成    -:目標値なし

 

個別の詳細は,マネジメントレビュー(令和2年度の活動状況)をご覧ください。

令和3年度の活動状況については,令和4年度夏頃公表予定です。

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境保全課 環境政策係です。

土浦市役所(本庁舎 2階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2327

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?