市政

地方交付税

 地方交付税とは,全国の市町村の規模に応じ,収入の格差を是正するために,国税のうち所得税,酒税,法人税,消費税の一定割合をいったん国でためて,各市町村に交付される税のことをいいます。
 地方交付税には普通交付税と特別交付税があり,それぞれの交付額は,普通交付税が交付税総額の94% ,特別交付税が交付税総額の6%となっています。

 

普通交付税 

 

普通交付税額=(基準財政需要額-基準財政収入額)=財源不足額(交付基準額)


【基準財政需要額】 標準的な水準における行政を行うために必要となる一般財源
【基準財政収入額】 標準的な税収入の一定割合により算定した額

 

【合併算定替】 市町村合併後10年間は,合併がなかったと仮定して算定した旧土浦市と旧新治村の普通交付税額の合計が交付されます。
                      その後5年間で段階的に合併算定替適用額が縮小されます。

【一本算定】    合併後の土浦市としての算定。

【交付団体】    基準財政需要額が基準財政収入額を上回り,財源が不足するため普通交付税が交付される地方公共団体。
                     (一本算定によります。)

【不交付団体】 基準財政収入額が基準財政需要額を上回り,財源が不足しないため普通交付税が交付されない地方公共団体。
                     (一本算定によります。)

 

 

特別交付税

 
普通交付税で捕捉されない災害等特別の財政需要に対し交付。

 

 

土浦市の交付税額の推移

        (単位:千円)
年度 普通交付税 特別交付税
特別交付税 震災復興特別交付税
14 2,764,022  678,970  -  3,442,992 
15 2,502,105  621,872  -  3,123,977 
16 1,751,901  559,678  -  2,311,579 
17 1,711,479  518,496  -  2,229,975 
18 1,708,114  637,487  -  2,345,601 
19 678,613  550,466  -  1,229,079 
20 723,456  551,070  -  1,274,526 
21 1,681,747  552,692  -  2,234,439 
22 3,051,862  575,725  -  3,627,587 
23 3,340,190  720,651  889,760  4,950,601 
24 3,180,084  583,194  90,417  3,853,695 
25 3,023,959  549,278  243,783  3,817,020 
26 2,985,096  727,462  96,003  3,808,561 
27  3,314,656  748,308  98,663  4,161,627 
28 3,286,360  532,741  588,827  4,407,928 
29 3,136,883  493,005  992,271  4,622,159 
 30 2,864,702  494,871  600,707  3,960,280 
※平成14~17年度は旧土浦市+旧新治村の交付額。    

 


平成19年度より,「魅力ある地方」に生まれ変わるよう,前向きに取り組む地方自治体に対して,国が地方交付税等により支援する頑張る地方応援プログラムが策定され,土浦市も「安心・安全なまちづくりプロジェクト」で応募しました。
「頑張る地方応援プログラム(応募概要)」はこちら


関連リンク
市町村財政の状況(茨城県)(新しいウインドウで開きます)

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは財政課 財政係です。

土浦市役所(本庁舎 3階) 〒300-8686 土浦市土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2217・2451 

問い合わせフォームはこちら
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2019年3月29日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る