環境・まちづくり

姉妹都市

パロアルト市

 

 

  土浦市は、アメリカ・パロアルト市と姉妹都市締結をして、さまざまな交流事業を行っています。

パロアルト市庁舎修正版 姉妹都市記念碑(1) 姉妹都市記念碑(2) パロアルトの住宅街
▲パロアルト市庁舎 ▲姉妹都市記念碑 ▲姉妹都市記念碑 ▲パロアルト市の住宅街
パロアルトのストリート パロアルトのダウンタウン テスラモーターズ本社社屋 ヒューレットパッカード社
▲パロアルト市のストリート ▲パロアルト市のダウンタウン ▲テスラモーターズ社 ▲ヒューレットパッカード社
JSL中学校 ジョーダン中学校 スタンフォード大フーバータワー スタンフォード大全景
▲JLS中学校 ▲Greene中学校 ▲スタンフォード大学 ▲スタンフォード大学全景

【姉妹都市名】 

 アメリカ合衆国カリフォルニア州パロアルト市

【姉妹都市締結日】

 平成21(2009)年4月7日

【姉妹都市締結のきっかけ】

 平成5(1993)年、旧新治村内に竣工したパロアルト市に本社のある企業の協力により、ホームステイを中心とした派遣事業を開始しました。さらに、平成7(1995)年からは、パロアルト市中学校の日本語教師のボランティアにより、交換交流を行ってきたことがきっかけとなり、姉妹都市になりました。

【パロアルト市の位置】

パロアルト市地図 

【パロアルト市の概要】

 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリア地域内にあり、サンフランシスコの南約56kmに位置しています。半導体企業の集積で有名なシリコンバレーの北部に位置し、市内には、ヒューレット・パッカード社(コンピュータ関連機器製造)やテスラモーターズ(バッテリー式電気自動車及び関連商品の開発・製造・販売)の本社など複数のハイテクノロジー企業の本拠地があります。また、アメリカ国内で屈指の私立大学スタンフォード大学にも隣接しています。さらに、2つの優秀な高校や高い生活水準、治安の良さなどにより、アメリカ国内で住みたい街として人気を誇っています。

【人口】

 約64,000人(2010年 アメリカ国勢調査)

【面積】

 約70㎢(土浦市のおよそ2分の1)

【市の歴史】

 今から約250年前の1769年頃から先住民のインディアンが住み始め、その後、南北戦争等を経て約100年前の1909年に「自治都市」として「パロアルト市」が誕生し、国、州、郡の規制によらず、自らの市で決められた形で市制を施行しています。

【気候】

 アメリカ西海岸特有の気候で、一般的に涼しく、冬に雨が降りますが、年間平均で57日しか雨が降らず、夏は乾燥しています。

【パロアルト市ホームページ】

 http://www.cityofpaloalto.org/ 

  

主な交流事業

かすみがうらマラソン選手招待(4月)

 選手1名を毎年招待し、フルマラソンに参加するほか、市内見学や学校訪問、そば打ちなどを行い、市民と交流します。

   令和2年度のかすみがうらマラソン選手招待につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大により、マラソン大会が中止となったことに伴い、選手招待も中止となりました。

かすみがうらマラソン2019学校訪問 かすみがうらマラソン2019学校給食 かすみがうらマラソン2019二高訪問 かすみがうらマラソン2019蕎麦打ち
▲小学校を訪問 ▲児童と一緒に給食 ▲高校生と交流 ▲蕎麦打ち体験
かすみがうらマラソン2019表敬訪問 かすみがうらマラソン2019スタート前 かすみがうらマラソン2019完走 かすみがうらマラソン2019応援
▲表敬訪問 ▲レーススタート前 ▲見事完走! ▲応援ボランティアと一緒に

 

 中学生交換交流事業

 

 令和2年度の交換交流事業につきましては、令和3年3月にパロアルト派遣の実施を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の終息の兆しが見えず、外務省も米国をはじめ海外の多くの国・地域への渡航中止勧告を発出しております状況から、参加する生徒の健康と安全を第一に考慮しました結果、中止といたしました。
 交換交流事業への参加を目指してくださっていた生徒及び保護者の皆さまには大変申し訳ございませんが、何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。

 

・土浦市中学生派遣(3月)

 中学2年生16名(市立中学校8校から各2名)が、姉妹都市パロアルト市でホームステイや学校訪問などを行います。

 歓迎パーティー2019 ホームステイ201903 パロアルト市議会訪問201903 学校訪問2019
▲歓迎パーティー ▲ホームステイ ▲市議会訪問 ▲現地中学校の授業に参加
パロアルト学校訪問(2)201903 スタンフォード大学201903 Google見学(2)201903 パロアルトHobee's201903
▲日本の学校生活を紹介 ▲スタンフォード大学 ▲Google社見学 ▲みんなで楽しい夕食
ヨセミテ見学201903 ホストデイ201903 答礼パーティー201903 サンフランシスコ201903
▲ヨセミテ国立公園見学 ▲ホストデイ ▲答礼パーティー ▲サンフランシスコ訪問

 

・パロアルト市中学生受け入れ(6月)

 パロアルト市の中学生が、土浦市でホームステイや学校訪問などを行います。

東京観光2019 土浦歓迎パーティー2019 日光2019 土浦学校訪問登校201906
▲東京見学 ▲歓迎・交流パーティー ▲日光東照宮見学 ▲制服で登校
土浦学校訪問一中201906  土浦学校訪問201906 土浦ホストデイ201906 関西201906
▲日本の授業を体験 ▲生徒会のみなさんと ▲ホストデイ ▲関西方面研修
蕎麦打ち201906 土浦座禅・茶道体験201906 土浦茶道体験201906 土浦答礼パーティー201906
▲蕎麦打ち体験 ▲座禅体験 ▲茶道体験 ▲答礼パーティー

  

 

姉妹都市締結10周年記念事業

令和元年度、当市はパロアルト市との姉妹都市締結10周年を迎えました。記念行事として、10月24日から28日までの日程で、パロアルト市のエリック・フィルセス市長及び現地の国際交流団体ネイバーズアブロード副会長ジェファー・ブエンロストロ氏をはじめとする7名の訪問団を土浦市にお迎えし、祝賀会等の記念行事を開催しました。
 これまでの交流の歩みを振り返るとともに、今後も変わらない友好関係と相互発展に向けたさらなる交流促進に向けて、両市の絆を強めることができました。

・記念祝賀会

 10月25日には、記念祝賀会を開催し、10周年を迎えた喜びをパロアルト訪問団のみなさんと共に祝いました。
 フィルセス市長は「世界は変化と共に、新たな挑戦をもたらします。私たちは次世代を育て、教育し、互いから学びながら築かれた姉妹都市として、市民間のつながりを恒久的に継続させてまいります。土浦から多くの感動を与えられ、今この場にいる友人のみなさんと繋がっている社会を共有することを大切に思います。今後も共に歩んでいくことを願っています。」とあいさつしました。
 また、両市長が共同宣言を取り交わし、土浦市とパロアルト市が今後も姉妹都市としての交流を発展させていくことを誓いました。

10周年記念事業 10周年記念事業(2)祝賀会 10周年記念事業(3)祝賀会土浦二高 10周年記念事業(4)亀城太鼓保存会
訪問団のみなさんと記念撮影 共同宣言書 土浦第二高等学校書道部 亀城太鼓保存会の演舞


・記念植樹

 中学生の交換交流事業の歴史は、平成5年(1993年)に新治中学校(現新治学園義務教育学校)の生徒がパロアルト市でホームステイを体験したことにさかのぼります。新治地区の小町の館にて、両市の友好が大きく育ち美しい花が咲くことを願って、桜(ソメイヨシノ)の記念植樹を行いました。

10周年記念事業(6)記念植樹(1) 10周年記念事業(7)記念植樹(2)
両市の友好が大きく育ちますように 記念のTシャツをいただきました


・市内視察等

 訪問団は、新治学園義務教育学校を訪問し、児童・生徒から歓迎を受けました。交流事業に参加した派遣生を含む9年生のみなさんが、合唱や昔の遊びの紹介などでおもてなしをしてくださり、楽しい交流の時間をすごしました。ほかにも、市立博物館の見学、茶道体験、土浦全国花火大会の観覧など、土浦の魅力を体験し、多くの市民と交流を深めました。

10周年記念事業(8)新治学園(1) 10周年記念事業(9)新治学園(2) 10周年記念事業(10)茶道体験 10周年記念事業(11)花火大会
折り紙に挑戦 9年生のみなさんありがとう 茶道で禅の心を学びました 花火大会会場にて

 



関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民活動課 国際係です。

土浦市役所(本庁舎 2階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2030

メールでのお問い合わせはこちら