健康・福祉・医療

認知症サポーター養成講座

認知症サポーター養成講座

 わが国の認知症高齢者の数は,2012(平成24)年で462 万人と推計されており,2025(平成37)年には約700 万人,65 歳以上の高齢者の約5人に1人に達することが見込まれています。今や認知症は誰もが関わる可能性のある身近な病気です。

 認知症に対する偏見や誤解をなくすとともに,認知症になっても尊厳を持って地域で暮らせるように,厚生労働省は2005年4月から「認知症を知り地域をつくる10ヵ年」構想をスタートさせました。

 このキャンペーンは,認知症を理解し,認知症の人や家族を温かく見守り,支援する「認知症サポーター」を1 人でも増やし,認知症になっても安心して暮らせる町づくりを市民の手で展開していくものです。

 これを受け,土浦市においても認知症を正しく理解し,認知症の人や家族を支援する「認知症サポーター」の養成を進めています。

ろば2

 土浦市内の認知症サポーター・・・ 12,868 名(令和2年3月末現在)
                           ※ 令和2年度末までの目標・・・13,500名

認知症サポーターとは?

 認知症について正しい理解を持ち,認知症の方や家族を応援するボランティアです。
 何かを特別にするというものではなく,認知症の方や家族を見守る応援者として,自分のできる活動をします。日常生活の中で認知症の方と出会ったときに,その人の尊厳を損なうことなく,適切な対応をすることが,認知症の方や家族の支えになります。

 

認知症サポーター養成講座とは?

 この講座は,認知症について正しく理解していただくための講座です。サポーター養成講座は,標準テキストに基づいてDVD上映を交えた60~90分程度で行われ,町内会,学校,職場,有志の集まりなどに講師(キャラバンメイト)が出向いて,認知症についての勉強会を行います。

 受講料は無料です。
 個人でも団体でもお申込みいただけます。(おおむね10名以上)
 土浦市内の,ご希望の会場で開催いたします。
 ※お声掛けの際には,認知症サポーター養成講座チラシ(PDFファイル)をご活用ください。

 講師は,キャラバン・メイト養成研修を修了し,キャラバン・メイトとして登録を受けた専門職が担当します。
 


オレンジリング

 認知症サポーター養成講座を受講すると,認知症サポーターになることができます。

 受講者には認知症サポーターのしるしとして,オレンジリングをさしあげます。

オレンジリング

 

認知症サポーター養成講座の申込み方法

 申込書(土浦いきいき出前講座利用申込書)に必要事項をご記入のうえ,開催希望日の20日前までに高齢福祉課地域支援係までご提出ください。

  ※ 申込書はこちら⇒土浦いきいき出前講座利用申込書(新しいウインドウで開きます)

 

 

 

 

 

 

個人参加大歓迎!認知症サポーター養成講座

 

 認知症サポーター養成講座を受けたいけれど,団体に所属していないから・・・人数が集められないから・・・。

 そんな皆さまへ,個人参加大歓迎の認知症サポーター養成講座を開催しています。

 

 令和2年11月20日(金) 14:30〜16:00

 都和公民館にて個人向け認知症サポーター養成講座を開催します。

 申込みは地域包括支援センターかんだつまで   TEL:029-869-7035

詳しくはこちら⇒認知症サポーター養成講座(都和公民館)

 

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは高齢福祉課 地域支援係です。

土浦市役所(本庁舎 1階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代)内線2500

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る