1. ホーム
  2. 市政
  3. 会議公開制度
  4. 審議会等の会議開催の結果
  5. 平成28年度
  6. 第2回土浦市廃棄物減量等推進審議会(平成28年8月26日開催)

市政

第2回土浦市廃棄物減量等推進審議会(平成28年8月26日開催)

審議会等の名称

土浦市廃棄物減量等推進審議会

公開・非公開の別

公開

開催日時

平成28年8月26日(金曜日) 14時00分~15時50分

開催場所

土浦市役所男女共同参画センター研修室

出席者

委員11人  事務局9人(市7人、コンサルタント2人) 傍聴者1人

議 題

1)第2次土浦市ごみ処理基本計画後期計画について

  (1)ごみ減量と家庭ごみ有料化に関するアンケートの考察 

  (2)他市におけるごみの減量化策について

(2) ごみ処理有料化の導入(案)について 

  (1)土浦市のごみの現状と課題、目標について

  (2)ごみ処理有料化の対象となるごみの種類の考え方について

  (3)ごみ処理手数料の徴収方法の考え方について

  (4)ごみ処理有料化に伴う指定袋の大きさと形状の考え方について

  (5)ごみ処理手数料の料金体系の考え方について

  (6)ごみ処理有料化に伴う手数料の額の考え方について

(3)その他

  (1)土浦市清掃センター火災について(報告)

  (2)審議会の今後の日程について  

議事結果

審議委員意見抜粋

○アンケートについて

 ・年代ごとの意見の抽出をお願いする。

 ・自由記載意見の主だったものの抽出をお願いする。

○他市のごみ減量化策について

 ・減量化対策をはじめ、いつ減ったのか、その期間を調べる。

 ・集団回収や、店頭回収などの取り組みを調べる。

 ・参考にした各市とも市民の意識の高さがうかがえる。

○ごみ処理有料化について

 ・有料化の導入は、全国的に見ても、やむを得ないことだと思う。

 ・有料化については、ごみ処理費用が多額であること、施設維持費等に経費がかかることなど、金銭面についてきちんと説明すること。

○袋の大きさについて

 ・ごみ減量化のためには、燃やせるごみも燃やせないごみも両方とも、袋を小さくしていくほうがよいと思う。 

 ・燃やせないごみは、その容量分ごみをいれると重たくなり、破れやすくなるため、大きいものを用意せず、小さいほうが良いと思う。 

 ・燃やせるごみの袋、15、30、45リットルでよいと思う。

 ・燃やせないごみの袋、15、30リットルの2種類でよいと思う。

○手数料の額について

 ・1リットル1円は妥当であると思う。

 ・ごみを多く出さないよう、45リットル袋は1リットルあたり1.1円としても良いと思う。

 

 

市民生活部 環境衛生課 クリーン推進係  

電話 826-1111 内線2474  

FAX 826-1064

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境衛生課 クリーン推進係です。

土浦市役所(本庁舎 2階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2474,2492

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2016年9月13日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る