くらし

食品ロスをなくそう!

 食べられるのにもかかわらず捨ててしまっている食品についてもったいないと思ったことありませんか?

  例えば・・・

   ・食べたくて買ったけど、おなか一杯になっちゃった ⇒ 捨てちゃお

   ・安いから大量買い ⇒ 使わないから捨てちゃお

   ・作りすぎちゃった。冷蔵庫で保存 ⇒ あ!忘れてた。捨てちゃお

   ・賞味期限や消費期限が過ぎちゃった ⇒ 捨てちゃお

 

土浦市の食品ロス削減のキャッチコピー

それ、ごみですか?食品ロスよ、さようなら・・・

 

 

『『職員(困った顔)』の画像』の画像 ちょっと待って!それは本当にごみなのか?

日本人は1人1日ご飯茶碗1杯分の食品ごみを捨てているんです!

世界全体のの食糧援助量約320万トン に対し 日本の「食品ロス」約632万トン と2倍近くも捨てているのです。 (H25総務省)

日本の食料自給率は40%を切っています。世界からたくさんの食料を輸入し、たくさんの食料を廃棄しているのです。

「もったいない」と思いませんか?

 

可燃ごみに出された食品ごみは、焼却され、その後は灰になって最終処分場で埋め立てられます

日本における家庭から出る食品ゴミはのリサイクル率は約6.5%。なんと約94%が焼却されています。(農林水産省食品廃棄物利用状況図

土浦市では、平成27年4月から生ごみ分別収集を開始し、メタン発酵処理によるリサイクル化に取組んでいますが、それでもいまだ燃やせるごみの中には約20%もの生ごみが出されています。(平成27年度市職員による可燃ごみ組成調査)

また、生ごみの中には、食品ロスが20%も含まれていました。

『食品ロスの写真』の画像

品ごみを少なくすることは、ごみの減量化にもつながります。

レッツ!ごみダイエット♪

ごみの中に含まれていたもの

 

 

すぐにでも実践できること、してみませんか?

 おうちで もったいない! ~残さず食べきろう!30・10運動~

買い物のもったいない!

 ・安いから大量買い ⇒ できるだけ必要な分だけ買いましょう。また、周りの人とシェアするのも手です!

料理のもったいない!

 ・作りすぎちゃった ⇒ 残り物レシピで簡単アレンジ 「消費者庁のキッチン」(消費者庁公式 クックパッド)

食品庫や冷蔵庫のもったいない!

 ・食品庫や冷蔵庫には、まだまだ食べられるものがたくさん残っています。

     最低でも月2回はチェックしましょう ⇒ 10日と30日

 ・賞味期限と消費期限を正しく理解しましょう!

消費期限

安全に食べられる期限のこと。食品衛生法やJAS法(日本農林規格法)などに規定され、品質が劣化しやすい弁当・総菜・生菓子・食肉などに表示が義務づけられています。

賞味期限 おいしく食べられる期限のこと。開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、美味しく食べられる期限を示しています。

 

おそとで もったいない! ~残さず食べきろう!30・10運動~

外食時のもったいない!

 ・食べられる分だけ注文しましょう!

宴会時のもったいない!

 ・最初の30分、終了後の10分は自席に座っておいしい料理を楽しみましょう!

 

飲食店の皆様にお願いします

お店での食べきりの推奨にぜひご協力をお願いします。 『『お願いします(職員礼)』の画像』の画像

 

土浦市は、全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会に参加しています

全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会の取り組みを紹介します

「おいしい食べ物を適量で残さず食べきる運動」の趣旨に賛同する普通地方公共団体により、広く全国で食べきり運動等を推進し、以て3Rを推進すると共に、食品ロスを削減することを目的として設立された自治体間のネットワークです。

  • 「食べきり運動」の普及・啓発
  • 「食べきり運動」に関する取組みや成果の情報共有および情報発信
  • 前項のほか、食品ロス削減に関する取組みや成果の情報共有および情報発信
  • 国、民間団体、事業者等との連携および協働
  • その他、前条の目的を達成するために必要な事業

 

🔶食品ロス削減に向けたキャッチコピーを決めました!!!!🔶

 

🔶それ、ごみですか?食品ロスよ、さようなら・・・🔶

     『食品ロス画像1』の画像      『食品ロス画像2』の画像                        

 

🔶このキャッチコピーは、『食品ロスの削減』を題材として、平成29年10月11日から全7回開催された、土浦市協働のまちづくりワークショップにおいて、ご参加いただいた市民の方々から提案していただいた複数の案をもとに、環境衛生課が決定いたしました。環境衛生課では、今後それ、ごみですか?食品ロスよ、さようなら・・・を用いて、食品ロスの削減を図ってまいります

 

🔶土浦市協働のまちづくりワークショップには、全7回延べ97名多様な世代、幅広い分野でご活躍されている市民の方々にご参加いただきました!!!

ご協力ありがとうございました!!!

『土浦市協働のまちづくりワークショップ 食品ロスの削減』の画像

ワークショップの様子

 

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境衛生課 クリーン推進係です。

土浦市役所(本庁舎 2階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2474,2492

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2019年10月16日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る