市政情報

意見・提案 生活・環境17 路上喫煙禁止条例について

ご意見

平成29年8月24日
( 男 性 ) 

 土浦市は路上喫煙禁止条例を制定しないのですか。
 世の流れ,他市町村の動向も踏まえると,早期制定が望まれると思います。
 東京から土浦に引越した時に,道路でタバコを吸っている人が多くて驚きました。

 

市からの回答

平成29年9月4日
【健康増進課・環境衛生課】 

 受動喫煙は,火のついたタバコの先から立ち上る副流煙に,本人が吸う主流煙の数倍のニコチンやタール,一酸化炭素など有害物質が多く含まれており,喫煙者の周囲の人々に様々な健康への悪影響があるとされています。
 このため,本市では,施設等の管理者や市民の皆様に,受動喫煙の健康被害についての理解とその取り組みについて普及啓発に努めているところであり,平成27年度に策定しました「第2次健康つちうら21」では,受動喫煙の機会があった人の割合の減少を目標に掲げ,健康まつりや,いきいき出前講座等による普及啓発,禁煙相談など,市民・地域・行政が一体となり取組むこととしております。
 また,茨城県においては,受動喫煙防止対策として禁煙認証制度を設け,認証を受けた施設にステッカーを掲示し,施設を利用する方の受動喫煙防止に取り組んでおり,本市内の施設においても,これまでに公共施設や飲食店・スーパーなど310の施設が受動喫煙防止にご協力をいただいているところです。 
 環境美化の観点からは,路上喫煙後のポイ捨てが懸念されますが,土浦市では,平成6年に環境美化・保全に関するルールである「土浦市さわやか環境条例」を制定し,道路を含む公共の場所や空き地へのタバコの吸い殻や空き缶等のポイ捨て行為の禁止を規定し,啓発や指導などを行っております。
 また,子どもたちに対しては,ごみ問題を題材とした副読本を作成,配布し,その中にポイ捨て行為の禁止に関する項目を入れて,環境学習の支援にも取り組んでおります。
 路上喫煙禁止条例の制定につきましては,喫煙者自身の意識の向上と共に,市民の皆様のご理解を深めることが重要であると考えております。市といたしましては,引き続き広くタバコの健康への影響や受動喫煙防止対策の必要性及びタバコの吸い殻等のポイ捨て行為禁止につきまして普及啓発発動を行い,受動喫煙のない環境づくりに取り組んでまいりますので,ご理解を賜りますようお願いいたします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは広報広聴課 広報広聴係(広聴)です。

土浦市役所(本庁舎 3階)  〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2331・2349

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?