1. ホーム
  2. 市政
  3. 会議公開制度
  4. 審議会等の会議開催の結果
  5. 平成30年度
  6. 平成30年度第1回土浦市図書館協議会(平成30年8月2日開催)

市政

平成30年度第1回土浦市図書館協議会(平成30年8月2日開催)

 

審議会等の名称

平成30年度第1回土浦市図書館協議会

公開・非公開の別

公開

開催日時

平成30年8月2日(木)午後1時30分から

開催場所

土浦市立図書館研修室3・4

出席者

委員6名,事務局6名

議題

(1)会長・副会長の選出

(2)平成29年度事業報告について

(3)平成30年度事業計画について

(4)その他

・新図書館開館に伴う利用状況等について

・第2次土浦市立図書館サービス計画の策定について

議事結果

(2)平成29年度事業報告について

・リサイクルブックマーケット実施の内容について,除籍した本は,どのように調整した本をリサイクルブックマーケットに出して,どうやって販売しているのでしょうか。

⇒リサイクルブックマーケットの除籍した本については,土浦市立図書館資料収集および保存に関する方針により,資料をリサイクルに回すか廃棄するかの判断をしています。なお,リサイクルブックマーケットの本は,ラベルの上に除籍資料のシールを貼り,図書館の除籍資料と分るようにしてから,リサイクルブックマーケットに出しています。また,リサイクルブックマーケットの本は,全部無料で差し上げています。

・図書館の除籍する本について,現在インターネットを通じて2次的なマーケットが形成されており,無料で差し上げた本がインターネットで買取りされているなど,今のリサイクルブックマーケットでは課題があると思われます。

⇒通常,公共図書館の除籍シールが貼ってあると,買取りがなされないと確認をしていましたが,インターネット上の買取りについては,いままで検討していませんでした。そのため,これから研究をしていきたいと思います。

・貸出状況について,雑誌の貸出数だけが落ちているのは,どうしてなのでしょうか。新図書館になって,雑誌のタイトル数がすごく増えたと聞いてますが,どうして少いのか,教えていただきたいと思います。

⇒雑誌の貸出状況については,図書館の場所が良くなったことが考えられ,立寄り型になった使い方,電車の待ちなどの使い方ということで,貸出というより館内閲覧が増えたからと思います。あと,300タイトルのうち200タイトルは,新図書館から購入したもので,最新刊は貸出が出来ませんので予約となり,バックナンバーが新しい月刊誌ですとまだ少なかったので,貸出を出来るものが少なかったのかと思います。

(3)平成30年度事業計画について

・子ども図書通帳サービスの導入について,どういったものでしょうか。

⇒図書通帳を作成し,貸出本のバーコードを読み込むことによって,通帳に印字が出来るサービスとなっております。なお,図書通帳には,貸出期間中のみ印刷することが出来ます。

・図書通帳機について,各分館に設置されるのでしょうか。

⇒図書通帳機については,中央館のみ設置されます。しかし,分館で本を借りでも,その貸出期間中でしたら,中央館で図書通帳に印刷することが出来ます。

・図書館での自主講座について,土浦市は非常に歴史があるところなので,郷土資料を活用した講座が考えられると思っています。今後,郷土資料を使った講座を,開催する予定はあるのでしょうか。

⇒郷土資料を活用した自主講座については,市立博物館と連携するような,土浦市の歴史関係の講座など,ニーズを探りながらやっていきたいと考えています。

(4)その他

・新図書館は,来館者数が順調で,期待以上にあったという理解でよろしいでしょうか。

⇒当初,想定来館者数は,平日休日の平均1,000人と考えていましたが,平均約1,800人が来館しており,2倍近い数字になっているということで,今のところは順調に利用されていると思っています。

・インターネット利用者数3,638人について,館内に設置している端末の利用者数でしょうか。また,館内ではWi-Fiや無線LANの利用も可能なのでしょうか。

⇒インターネット利用者数は,図書館内に8台設置している,パソコンでの利用者数です。また,全館内でWi-Fiが使える状況になっております。

・オンラインデータベースについて,新図書館になって導入されたばかりですが,これは使ってみないと,価値が分らないものだと思います。今後, 利用者向けの講座などあるのでしょうか。

⇒オンラインデータベースについては,講座を開催したいと考えております。

【その他意見】

・課題解決支援サービスについて,このサービスを実現することは,簡単ではありません。例えば,健康を対象としたサービスにしても,病院や福祉機関との連携が必要になります。それに,地域のなかには,様々な方の様々なニーズがあるのに,どうして図書館がこのサービスなのか,どのような対応ができるかを明確にしないといけないです。

・行政支援サービスについて,市職員の利用したい内容と,実際のサービス内容が離れている現実があります。また,庁内LANなどで活用してもらうには,同様のサービスがある都立図書館などの例でも,相当に広報活動を行わないと,職員からは利用されなかったようです。それに,都道府県立クラスのレファレンス対応が出来ないと,市町村立クラスのレファレンスでは難しいと思います。

・これまで図書館は,健康や法律,行政など,講座や支援サービスなどの様々なものをやってきました。しかし,どれも本気でしっかりやれば大変なことです。本当のところは,図書館の持っている資料で出来る範囲で現実的にやっていく,そういった環境をつくっていくことが課題だと思います。

審議会等の事務局

土浦市立図書館  管理係

電話  029-823-4646

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは土浦市立図書館です。

土浦市立図書館 〒300-0036 茨城県土浦市大和町1-1

電話番号:029-823-4646

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2018年11月20日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る