1. ホーム
  2. くらし・手続き>
  3. ごみ・リサイクル>
  4. ごみ減量に向けた取り組み>
  5. 分別収集で集まった資源になるものについて

くらし・手続き

分別収集で集まった資源になるものについて

 土浦市では,ごみの減量化とリサイクルの推進を目的として,資源の集積場にて,月に2回,ビン・缶・古布など資源になるものの収集を行っております。
 つきましては,町内分別収集で集められた資源になるものの売り払いを行い,令和元年度は146町内にその一部を町内分別還元金として各町内の収集量に応じて配分いたしました。

 引き続き,ごみの減量化とリサイクルの推進にご協力くださいますようよろしくお願いいたします。

令和元年度実績 収集量 1,582,950kg 売り払い金額 13,556,587円
【内訳】

品目 収集量(kg) 売り払い金額(円)
アルミ缶 131,320 7,988,317
スチール缶 91,810 181,754
白ビン 271,250 59,124
紙類 891,280 5,112,565
古布 197,290 214,827



問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境衛生課 クリーン推進係です。

土浦市役所(本庁舎 2階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2474,2492

メールでのお問い合わせはこちら