1. ホーム
  2. 観光・文化
  3. 観光・文化のお知らせ
  4. 第23回企画展「古代から中世へ」を開催しています!(上高津貝塚)

観光・文化

第23回企画展「古代から中世へ」を開催しています!(上高津貝塚)


第23回企画展
  「古代から中世へ ―常陸における社会と文化の変動期―

会期:令和2年10月17日(土曜日)~12月6日(日曜日) 
 無料開館日:11月3日(文化の日・火曜日)、11月13日(茨城県民の日・金曜日)
 休館日:毎週月曜日(11月23日を除く)、11月4日(水曜日)、11月24日(火曜日)


  日本の歴史上、11世紀から12世紀(平安時代末期)は武士が誕生した時代です。東国で発生した武士は、続く鎌倉・室町時代を通じて支配を進め、全国に広がりを見せます。
  その反面11世紀から12世紀の考古学は、遺跡の数も減少することから不明な点が多く残されています。近年は、発掘調査の増加と研究の進展により、少しずつその様相が明らかになり始めています。
  今回の企画展では、平安時代末期から鎌倉時代にかけての茨城県内の様々な遺跡にスポットを当て、地域や時代の特徴を紹介します。武士の成立などの社会変動や新しい文化の誕生により、中世の常総地域が形成された歴史を探ります。

 

記念行事

 記念講演会、記念講座、歩く会は事前申込が必要です。10月13日(火曜日)午前9時から、電話または直接お申込みください。
 どきどき体験は事前申込不要で、当日直接ご来場ください。

記念講演会 *定員に達したため、申込みを締め切りました。
  とき:11月8日(日曜日)午後2時~3時30分
  ところ:考古資料館 体験学習室 定員:40名
  講師:糸賀茂男(当館館長)
  演題:常陸中世武士団の成立

記念講座
  とき:11月28日(土曜日)午後2時~3時30分
  ところ:考古資料館 体験学習室 定員:40名
  講師:当館学芸員
  演題:考古学からみた常陸の古代から中世

貝塚周辺の文化財を歩く会
  とき:10月25日(日曜日)午前9時30分集合、正午解散
  定員:30名(先着申し込み順、小学生以上が対象で、未就学児は参加できません。小学生は保護者の同伴が必要です。)
  参加費:200円(資料代・入館料として)
  内容:上高津貝塚から天川・永国の文化財を徒歩でめぐります。(約6キロ)

秋の上高津貝塚どきどき体験2020(入館料・参加費無料)
  とき:11月3日(火曜日・文化の日)午前9時~午後4時30分
  開催イベント:
   ・紙飛行機をとばそう(共催:つちうら紙飛行機クラブ)
   ・どんぐりに絵をかこう
   ・ペットボトルで液状化を体験しよう
   ・ぬりえでつくろう缶バッチ
   ・土器のもようでしおりをつくろう
   ・本物の土器やはにわと写真を撮ろう
   ・火おこし体験
   ・どきどきクロスワードパズル

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは上高津貝塚ふるさと歴史の広場(考古資料館)です。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場 〒300-0811 茨城県土浦市上高津1843

電話番号:029-826-7111(直) ファックス番号:029-826-6088

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2020年10月17日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る