1. ホーム
  2. 土浦市立博物館
  3. 新着情報
  4. 【会期変更】テーマ展「災害の記憶をたどる」を開催します(博物館)

土浦市立博物館

【会期変更】テーマ展「災害の記憶をたどる」を開催します(博物館)

2021テーマ展1

(写真:昭和13年の洪水絵葉書「土浦駅前通り」 当館所蔵)

会期:令和3年9月28日(火曜日)から11月23日(火曜日)まで

休館日:毎週月曜日、11月4日(木)

 

2021テーマ展3

  東日本大震災の発生から10年が経過しました。その記憶が新しいなか,昨今は新型コロナウイルスによる感染症が拡大し,いまだ収束のきざしはみられません。しかし,未曾有の自然災害や疫病の脅威に直面することは,現代にはじまったことではなく,長い歴史のなかで幾度となく繰り返され,そのたびに先人たちはその脅威に立ち向かってきました。

 江戸時代から戦前の土浦で頻発した洪水は,桜川の氾濫によるものと,霞ケ浦からの逆水によるものがあり,大風により霞ケ浦から逆水が激しい波となって押し寄せる現象は「つなみ」と呼ばれ警戒されることもありました。

 また,疫病を払うために天王社(真鍋八坂神社)の神輿を土浦城下に臨時に迎えたり,疫病除けの護符をまつるなど,神仏への祈りは,先人たちがいかに目に見えないものと対峙してきたかを知る手がかりとなります。(写真右:沼尻墨僊「鍾馗図」 個人所蔵)

 この展覧会では,地震や洪水への対応や,先人たちの「病魔退散」への祈りや行動などを,収蔵する古文書や日記,民俗資料などを通して振り返ります。
                           
                                         

展示構成


1章 土浦地域の自然災害
2章 洪水に立ち向かう
3章 はやり病から命を守る
4章 災害の記憶を後世へ

 

関連企画

(1)関連図書の展示(市立図書館・市立博物館連携企画)
 内容 災害関連図書コーナーを開設します。
 期間 令和3年9月28日(火曜日)から11月23日(火曜日)まで
 会場 市立図書館(アルカス土浦)3階地域資料エリア

(2)オンライン展示解説
 内容 テーマ展の見どころを博物館ホームページ・公式Twitterで公開します。
 日時 第1回 令和3年10月2日(土曜日) 午前10時から(1・2章)
    第2回 令和3年10月9日(土曜日) 午前10時から(3・4章)
 

※新型コロナウイルスの感染拡大状況により、展示を中止もしくは内容を変更することがあります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは土浦市立博物館です。

土浦市立博物館 〒300-0043 茨城県土浦市中央一丁目15-18

電話番号:029-824-2928(直) ファックス番号:029-824-9423

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る