1. ホーム
  2. 健康・福祉・医療>
  3. 健康・医療>
  4. 予防接種>
  5. 子宮頸がん予防ワクチン<キャッチアップ接種>について

健康・福祉・医療

子宮頸がん予防ワクチン<キャッチアップ接種>について

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)<キャッチアップ接種>について

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性的接触のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっています。特に、近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。

HPVに感染すると、ウイルスが自然に排出されることが多いですが、そのまま留まることもあります。長い間排除されずに感染したままでいると一部に子宮頸がんが発生することがあります。

HPV感染症を防ぐワクチン(HPVワクチン)は、小学校6年~高校1年相当の女子を対象に定期接種が行われていますが、令和4年度から6年度の3年間に限り、HPVワクチンの積極的な勧奨の差控えにより接種機会を逃した方を対象に、「キャッチアップ接種」を実施します。

 

もくじ

キャッチアップ接種について

接種勧奨の再開について

土浦市の対応・各種リンク

子宮頸がん予防ワクチンの対象者 接種期間 費用 持っていくもの 接種回数

新型コロナワクチンとの接種間隔について

接種場所

子宮頸がんの予防・早期発見のために…子宮がん検診を受けましょう

 

キャッチアップ接種について(厚生労働省の通知)

  • 令和3年12月28日厚生労働省の通知により、HPVワクチンの積極的な勧奨の差控えにより接種機会を逃した方に対して公平な接種機会を確保する観点から、積極的な勧奨を差し控えている間に定期接種の対象であった平成9年度生まれから平成17年度生まれまでの女子を対象に、キャッチアップ接種を行うこととなりました。
  • 子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がんの原因であるHPVへの感染を予防します。16歳頃までに接種するのが最も効果が高いですが、それ以上の年齢で接種しても、ある程度の有効性があることが国内外の研究で示されています。希望される方は、なるべく早く接種しましょう。

 

【参考】厚生科学審議会予防接種・ワクチン分におけるキャッチアップ接種に関する議論について(厚生労働省)

    リーフレット(平成9年度生まれ~平成17年度生まれまでの女性へ大切なお知らせ)(厚生労働省リーフレット)

 

  • 期間:令和4年4月から令和7年3月末まで
  • この通知を受け、市は、令和4年4月以降、市で管理する接種履歴に基づき、対象となる方へ段階的に、ご案内・予診票を送付しています
    《お願い》令和4年4月以降は、キャッチアップ接種対象年齢の方は、4月以降、新たに送付される「キャッチアップ接種対象者」と記載のある予診票をお使いいただきますよう、お願いします。
    ※急ぎ予診票が必要な方は、健康増進課へご連絡ください。
  • 市が管理する履歴に基づき予診票を発送しています。既に、転入以前の市区町村や、任意にて3回の接種が完了してる方は、今回、予診票が届いた場合でも、接種し直す必要はありません。お手元に届いた予診票は破棄してください。
  • HPVワクチンを過去に1回又は2回接種した後、接種を中断し、3回接種のスケジュールを最後まで完了していない方は、「標準的なスケジュールで接種できない場合のスケジュール」で接種を進めます。(「接種回数」の表のうち、右側)
    初めて接種を開始する方は、標準的なスケジュールに沿って進めます。
  • キャッチアップ接種対象者で、過去のに接種したワクチンの種類が不明な場合に限り、交互接種が可能です。
    接種履歴がご不明の場合は、当時に住んでいた市区町村や、接種を実施したと思われる医療機関へお問い合わせください。その上でもご不明の場合は、予防接種を行う医師へ、接種についてご相談ください。 

 

接種勧奨の再開について(厚生労働省の通知)

  • 令和3年11月26日厚生労働省の通知により、子宮頸がん予防ワクチンの接種勧奨を再開することとなりました。
    これは、国の検討部会において、HPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、ワクチン接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められたためです。
  • また、令和3年12月28日の通知において、接種対象者等に対して接種について検討・判断するための適切かつ十分な情報が提供されること、接種を希望する者が滞りなく定期接種を完了できること、ヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種後に体調の変化等の症状が生じた方(以下「接種後有症状者」という。)に対して必要な支援が円滑に提供されることが重要として、体制強化に取り組むこととしています。

    ヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種の今後の対応について(厚生労働省)

  ヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種を進めるに当たっての相談支援体制・医療体制等の維持、確保について(厚生労働省)

 

  • これまでの経緯:
    HPVワクチンは平成25年4月1日から定期予防接種として実施していますが、接種後の痛みや運動障害などの多様な症状の報告が相次いだことから、厚生労働省は、同年6月14日から現在まで、積極的な接種勧奨を差し控えていました。
    このことにより、HPVワクチンの接種率は大きく低下しました。一方では、接種率の低い世代における子宮頸がん患者が今後増加することが懸念されています。
     

土浦市の対応・各種リンク

  • この度の国の通知を受け、市は令和4年度から接種勧奨を再開し、令和4年度から順次、対象となる方へのご案内や予診票を送付しています。
    令和4年6月上旬において土浦市に住民登録のある方には、ご案内(予診票同封)は発送を完了しています。
    以降に転入された方には、随時、予診票発行についてのご案内をお送りします。
  • 接種を希望する方が安心して接種できるよう、協力医療機関と連携を図りつつ、適切な情報提供に努めます。
  • 今後、実施内容に変更があった場合は、ホームページにてご案内いたします。
  • 過去に、定期接種対象年齢を超えてから(高校2年生相当年齢以上)、2価(サーバリックス)または4価(ガーダシル)ワクチンを、任意(自費)で接種を受けた方へ、償還払い対応を行う予定です。詳細は、追ってホームページにてご案内いたします。
    これまでに転出入のあった方は、令和4年4月1日に住民登録があった市区町村において償還払いを実施いたしますので、詳細は、その市区町村へお問い合わせください。
    ※9価(シルガード9)は償還払いの対象外です。市区町村によって実施状況は異なります。

私の大切な身体を守るために。
子宮頸がんと、その予防ワクチンを知ることからはじめましょう。
ハートつちまる

子宮頸がん予防ワクチンQ&A(厚生労働省)

HPVワクチンを受けたお子様と保護者の方へ(厚生労働省リーフレット)

茨城県ホームページ 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)による健康被害救済について

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に症状が生じた方に対する相談窓口一覧(厚生労働省)

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について(厚生労働省)

 

※市は、令和2年6月以降、子宮頸がん予防ワクチン定期接種の対象となる方へご案内を送付し、情報提供しています。

 

子宮頸がん予防ワクチン キャッチアップ接種対象者

接種時に土浦市に住民登録がある 平成9年度~平成17年度生まれの女性で、任意での接種回数を含めて、3回の接種が完了していない方
(平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれ)

接種期間

令和4年4月1日~令和7年3月31日まで
※通常、全3回の接種の完了までには約6か月の期間がかかります。
 接種期間(~令和7年3月31日)内に終わるよう、計画的に接種を進めましょう。

 

費用  

無料(対象者が接種期間内に、市の予診票を使って接種した場合)
※接種期間(~令和7年3月31日)を超えたり、土浦市民でなくなった場合には土浦市の予診票は使用できません。

 

持っていくもの

母子健康手帳、本人確認ができるもの(健康保険証など)
予診票(現在は、電話連絡または窓口にて発行しています)

※予診票を紛失した方や、転入した方へ
 市から交付された予診票を紛失された場合や、転入によりお手元に市の予診票がない場合は、母子健康手帳にて接種履歴を確認したうえで、予診票を(再)発行します。
 (再)発行をご希望の方は、健康増進課窓口へ母子健康手帳をお持ちください。(郵送によるお手続きをご希望の方は、健康増進課へお問合せください。)
 インターネットでも(再)発行手続きができるようになりました。お手元に母子健康手帳など接種履歴がわかるものをご準備の上、こちらからお手続きください。
※郵送及びインターネットでのお手続きは、日程に余裕をもってお申込みください。

 

接種回数  

予防接種の種類 接種回数 標準的なスケジュール 標準的なスケジュールで接種できない場合のスケジュール
サーバリックス
(2価)
3回 初回接種後、1か月あけて2回目を接種し、1回目から6か月以上あけて3回目を接種 1回目から1か月以上の間隔をおいて2回目を接種した後、1回目の接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2か月半以上の間隔をおいて3回目を接種
ガーダシル
(4価)
3回 初回接種後、2か月あけて2回目を接種し、1回目から6か月以上あけて3回目を接種 1回目から1か月以上の間隔をおいて2回目を接種した後、3か月以上の間隔をおいて3回目を接種

※現在の定期接種対象ワクチン(2価・4価)で行う接種が対象です。
 シルガード9(9価ワクチン)はキャッチアップ接種対象外です。また、過去にシルガード9による任意接種を行った方は、キャッチアップ接種の対象年齢であっても、キャッチアップ接種として残りの回数を受けることはできませんのでご了承ください。
 (参考)シルガード9について(厚生労働省ホームページ)

 

新型コロナワクチンとの接種間隔について

新型コロナワクチンとその他の予防接種は原則として接種前後13日以上の間隔をおくこととしています。(2週間後の同じ曜日から接種可能)

その他の予防接種との接種間隔についてはこちらをご覧ください。

 

接種場所  

市内医療機関一覧はこちら
県内協力医療機関(茨城県医師会ホームページ)

※事前にお電話で予約をしましょう。
※子宮頸がん予防ワクチン接種を茨城県外の医療機関で接種する場合には、償還払いにより公費助成額を上限に還付いたします。事前に(接種する10日前までに)健康増進課へ電話連絡をお願いします。詳細はこちらをご覧ください。
※ご家族様へ:住民票と異なる住所にお住まいの場合でも、償還払いのお手続きにより、お住まいの近くの医療機関での接種が可能です。お手元にご案内が届きましたら、必ずご本人様へお届けください。

 

注意事項  

  • この予防接種により期待される効果や、予想される副反応などについて、接種を受けるご本人もよく理解したうえで受けましょう。
    ご不明な点や気になる点は、接種を受ける前にかかりつけ医(接種医療機関)にご相談ください。
  • 急な体調変化を来たす恐れもあるため、ご家族などの同伴をお勧めします。
    16歳以上の方は、予診票の同意欄は、被接種者の同意署名で接種が可能です。
  • 妊娠または授乳中の方は、基本的には、出産後の授乳を終えてから接種をしましょう。接種を中断した場合は、標準的なスケジュールで接種できない場合のスケジュールに沿って進めましょう。

 

子宮頸がんの予防・早期発見のために…子宮頸がん検診を受けましょう  

子宮頸がん予防ワクチンで全てのHPV感染を予防することはできません。
子宮頸がん検診を定期的に受けることで、がんになる過程の異常(異形成)やごく早期のがんを発見し、経過観察や負担の少ない治療につなげることができます。

ワクチン接種を受けた方も、接種を見送った方も、20歳になったら定期的にがん検診を受けましょう。

土浦市の子宮頸がん検診について

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課 管理係です。

土浦市保健センター 〒300-0182 茨城県土浦市下高津二丁目7-27

電話番号:029-826-1111(代) 029-826-3471(直) 内線7506 ファックス番号:029-821-2935(直)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?