市政情報

市長記者会見 令和4年9月5日

令和4年9月記者会見

市長あいさつ

 今月19日は敬老の日です。私は、先週の2日(金曜日)に今年100歳となられる2名の方にお会いしてまいりました。趣味を楽しみ、家族への感謝を忘れず、素敵な日々を過ごされているお二人のお話を聞かせていただき、私自身も日々元気でいられることに、感謝の気持ちを忘れずにいたいと思いました。
 敬老の日をお迎えになる皆様、お体を大切にし、いつまでもお元気で、笑顔でいていだけるよう、心から願っております。

第91回土浦全国花火競技大会の開催

 大正14年から長きにわたり続いてまいりました土浦全国花火競技大会は、新型コロナウイルス感染症の影響により、昨年、一昨年と2年連続で中止いたしました。
 本大会を毎年楽しみにされている市民の皆様や、全国からお越しくださる土浦の花火ファンの皆様、さらには本大会を支えていただいております関係者の皆様には、残念な思いをさせてしまい、この2年間は、私といたしましても大変心苦しい気持ちでおりました。
 また、本大会は競技大会ということもございまして、全国から参加をいただいている花火師の皆様にとりましても、作品を発表する機会を失うことは、日本の伝統文化である花火の技術を継承していくことにも大きな影響を及ぼすことから、今年こそは何としても大会を開催したいと強く願って参りました。
 そうしたなか、先月31日に、実行委員会の役員による決定会議を開き、今年の大会を開催することを決定いたしました。
 本大会の開催にあたりましては、新型コロナウイルス感染症対策を行うとともに、安全対策につきましても万全の体制を整え、市民の皆様やご観覧いただく皆様が、安心して花火を楽しめる大会の開催に向けて、全力を注いでまいります。
 安全に楽しんでいただくためにも、観覧される方、お一人おひとりに感染症対策を守っていただきながら、今年こそは土浦全国花火競技大会を復活させたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

つちうら認知症バリアフリー月間の設定について

 本市では、令和3年度の厚生労働省老人保健健康増進等事業のモデル事業を活用し、認知症施策の目指すべき姿として、「認知症バリアフリーシティつちうら」のビジョンを掲げ、その実現に向けて認知症施策を推進しております。
 9月21日が世界アルツハイマーデーであることに因み、9月は、世界アルツハイマー月間とされ、茨城県においても、「茨城県認知症を知る月間」となっておりますことから、本市でも、今年度から9月を「つちうら認知症バリアフリー月間」として設定いたします。
 この月間では、認知症の正しい知識の普及啓発事業を重点的に展開してまいりますことから、1か月間のオレンジライトアップを始め、認知症講座の実施、また、今年度初めての取り組みとして、認知症を発症した方の生活を支える関係者や事業者の皆様と、顔の見える関係をつくるためのキックオフセミナーを開催いたします。
 今後も、「認知症バリアフリーシティつちうら」の実現に向けて、認知症についての正しい知識の普及啓発に積極的に取り組んでまいります。

土浦市レンタサイクル利用促進クーポン発行事業
「つちうらぐるっとサイクルクーポン」

 この度、サイクリングの施策推進及び地域活性化を目的として、「つちうらぐるっとサイクルクーポン」を9月1日(木曜日)から発行いたします。
このクーポンは、1,000円で200%のプレミアムが付き3,000円として利用できる大変お得なクーポンとなっています。
 市内のレンタサイクル事業者や土浦市観光協会加盟店にて、レンタサイクルの利用料金と、飲食やお土産品の購入にご使用いただけます。
 来年の2月28日まで利用が可能となっておりますので、ぜひ、この機会に、レンタサイクルで、土浦市内のサイクリングを楽しんでいただければと思います。

第19回土浦カレーフェスティバル

 本市の「食」の歴史・文化を活かした「つちうらカリー物語」の普及・拡大を図り、食によるまちづくりを推進することを目的に、今年は、10月1日(土曜日)と2日(日曜日)の2日間で、J:COMフィールド土浦にて開催いたします。
 カレーによるまちづくりを推進する「つちうらカリー物語事業者部会」の加盟店のほか、全国のご当地カレー・ご当地グルメが出店します。また、ご来場の皆様が投票にご参加いただける、カレーナンバーワン選手権「C-1グランプリ」も行われます。
 さらに、会場に近接する、川口ショッピングモール505などで行われる「第46回土浦市産業祭」を同日開催し、まちなかへの回遊性を高め、賑わいの創出を図ります。

第46回土浦市産業祭

 土浦市産業祭は、本市の魅力ある地場産業のPRと産業の振興と発展に寄与することを目的に、本年で46回目の開催となります。日程は、カレーフェスティバルと同日の10月1日(土曜日)と2日(日曜日)の2日間で、川口ショッピングモール505などで実施いたします。
 「商業祭」では、商店等による物産品販売など、「工業祭」では、工業製品や工業団地の紹介など、「農林水産祭」では、地場野菜、果実類、乳製品等の販売を実施いたします。そのほか、協賛行事としまして、製品直売や各種バザー、各種相談会等を予定しております。
 土浦ならではの魅力ある商工業の商品が一堂に会する機会ですので、ぜひご来場ください。

土浦市消防フェスティバル2022

 消防フェスティバルは、「見て」「触って」「体験して」を通じて、市民の皆様に防火・防災に対する意識を高めてもらう事を目的に開催しており、今年は、10月1日(土曜日)午前10時から午後2時まで消防本部で行います。
 体験ブースでは、「子どもメディカルラリー」、「救助技術体験」、「放水体験」、「はしご車搭乗体験」などを設けています。
 展示ブースでは、「消防車」、「救急車」、「消防用資機材」、「土浦協同病院ラピッドカー」などを展示します。そのほか、吉本興業ホールディングス株式会社の協賛のもと、お笑い芸人のサプライズゲストの出演も予定しております。
 詳細につきましては、隊員による手作りの紹介動画もございますので、土浦市消防本部ホームページをご覧ください。
 近年、災害が各地で起こっております。このフェスティバルでは、楽しみながら防災知識を高めていただくことができます。
 1日土曜日は、3つの会場がりんりんロード沿いにあることから、サイクリングを楽しみながら各会場を回ることができますので、秋の一日を土浦で楽しんでみませんか。その際は、ぐるっとサイクルクーポンもぜひご利用ください。皆さまのご来場をお待ちしております。

第25回企画展「海へ―内湾と外洋の漁労」

 上高津貝塚では、10月15日(土曜日)から12月4日(日曜日)まで、第25回企画展「海へ―内湾と外洋の漁労」を開催いたします。
 縄文時代の人々は、丸木舟を使って海へ出かけ、シカの骨や角で作ったヤスや釣針などを用いて漁をしていました。
 今回の展示では、縄文時代の霞ヶ浦と太平洋岸の貝塚から出土した漁労の道具を多数展示します。
 また、展示に伴って実施する記念講演会では、縄文時代の漁労具について、より深く知っていただく機会になると考えています。
 さらに、展示のみどころ解説については、土浦市公式YouTubeチャンネルや館内デジタルサイネージにおいて配信する予定です。多くの方にお楽しみいただけると思っておりますので、ぜひご来館ください。

土浦市男女共同参画都市宣言10周年記念式典

 平成24年11月に男女共同参画都市宣言を行ってから10周年の節目を迎えることから、10月16日(日曜日)に、クラフトシビックホール土浦大ホールにて「土浦市男女共同参画都市宣言10周年記念式典」を開催いたします。
 作家で僧侶でもある家田荘子さんによる記念講演のほか、オープニングとして、土浦第二高等学校によるダイナミックな書道パフォーマンスを、開会式後には、「花いけバトル」で一躍脚光を浴びた、土浦第一高等学校華道部による即興で行う生け花を披露していただくなど、式典に華を添えていただきます。
 男女の性別の垣根を超え、「自分らしく、君らしく」生きることのできる男女共同参画社会の実現について考える機会ですので、ぜひ、多くの皆様にご来場していただきたいと思います。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは広報広聴課 広報広聴係(広報)です。

土浦市役所(本庁舎 3階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2331・2349・2396 

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?