市政情報

市長記者会見 令和6年4月1日

令和6年4月1日市長記者会見(動画リンクサムネ)

 

 

市長あいさつ

 皆さん、こんにちは。
 常総学院高等学校野球部が、3年ぶり11回目となる選抜高校野球大会への出場を果たしました。惜しくも2回戦で敗れはしましたが、最後まであきらめない姿は、私たちに感動と元気を与えてくれました。
 さて、暖かな春の日差しを受けて、ようやく桜の開花の便りが届きました。入園、入学、入社など、新たな生活のスタートに向けて、期待に胸を膨らませている皆様も多いことと思います。
 本市におきましても、4月1日、新たに小林 勉 副市長をお迎えするとともに、433名の職員に人事異動の発令をいたしました。
 また、新年度(令和6年度)にあたり、行政DXのさらなる推進やスマートインターチェンジの早期実現、花火を活かした魅力あるまちづくりなど、優先的に取り組む施策や、新たな行政課題に対応できる組織を目指し、機能的かつ効果的な組織体制をスタートさせたところです。
 令和6年度は、市長就任2期目を迎えます。本市の輝ける未来の展望を見据えたうえで大変重要な年となります。これまで以上に、市民の皆様が豊かに暮らしていけるよう、全ての方に寄り添った、暮らし満足度ナンバーワンの、あたたかさあふれる市政の実現に向けて、全力で取り組んでまいります。

 

生活協同組合パルシステム茨城 栃木との子育て支援の推進に係る連携協定締結 

 「土浦市と生活協同組合パルシステム茨城 栃木との子育て支援の推進に係る連携協定締結」についてでございます。
 この協定は、市民の皆様が安心して子育てでき、すべての子どもが健全に成長できる環境づくりを推進することを目的として、乳児家庭を見守り、試供品を提供する連携協定を締結するものです。土浦市で子育てを楽しみ、頑張る方へエールを送りたいというパルシステム様からのお申し出により実現するもので、県内初の試みとなります。
 対象は、生後4か月のお子さんで、4か月児健診の際にプレゼントのご案内をし、パルシステム様が、子育てに役立つ商品の詰め合わせ「おめでとうばこ」を無償で宅配いたします。これにより、民間事業所のお力を借りて、声かけや見守りの機会を増やすことができます。
 協定締結式は、4月5日(金曜日)午後2時30分より行います。
 子どもが健全に成長できる環境づくりの推進に向け、今後も企業等と連携して子育て支援の充実に努めてまいります。

 

市職員の名札の変更について

 「職員名札の様式の変更」についてご説明いたします。
 近年、職員の名札を、名字のみに変更している自治体が増えてきておりますが、本市でも、4月1日から、名札の様式を変更いたしました。
 これまでの名札は、顔写真付きで、部署名と漢字のフルネームのものでしたが、新しいものは、部署名と名字のみの、シンプルな名札にいたしました。
 変更の理由といたしましては、他の自治体と同様に、窓口でのトラブルにより、個人を特定され、SNSに書き込みされる事案もあることから、職員の不安を払拭し、安心して勤務できる環境を確保することが目的です。
 なお、名札デザインは、庁内公募により集まった11点の中から、職員の投票により決定したものです。
 また、これまで以上にシンプルで見やすい名札となりましたので、市民のみなさまにもわかりやすいものとなったことと思います。

 

第34回かすみがうらマラソン兼国際ブラインドマラソンのエントリー総数およびゲストランナーの決定

 4月21日(日曜日)に開催いたします、「第34回かすみがうらマラソン兼国際ブラインドマラソン」のエントリー数と今大会のゲストランナー、招待選手が決定いたしましたのでご報告いたします。
 エントリー数は、マラソン、ブラインドマラソン、ウォーキングを合わせて13,573名でございます。
 また、アトランタ大会とバルセロナ大会の両オリンピックメダリストで、今大会で22回目の参加となる、有森 裕子さんには、今年もチャリティアンバサダーを務めていただきます。そして、昨年に引き続き、アテネパラリンピック金メダリストの高橋 勇市さんにも、ブラインドマラソンアンバサダーとして、有森さんと一緒に、PRやランナーへの応援をしていただきます。
 さらに招待選手として、東京パラリンピック金メダリストの道下 美里さんや世界陸上などでご活躍された川内 優輝さんにご出場いただけることとなりました。
 当大会は、大会テーマであります「甦れ霞ヶ浦 水はスポーツの源」・「体験する福祉・ノーマライゼーションの実践」に賛同していただいた、ご協賛各社様、そして多くのボランティアの皆様に支えられ開催をしております。
 当日は、交通規制もございますので、市民の皆様・付近にお越しの皆さま方のご理解とご協力をお願いいたします。

かすみがうらマラソン2024ホームページはこちらから

 

第4回フリースケート世界大会の開催

 「第4回フリースケート世界大会の開催」について、ご説明いたします。
 令和5年に引き続き、この土浦でフリースケート世界大会を開催します。5月3日(金曜日)から5日(日曜日)の3日間で、うらら大屋根広場を中心に行われます。
 このフリースケートは、スケート競技の一種で、フリースケートの正規品は、世界中で、土浦市に所在する「JMK RIDE」だけで製造されているという縁があります。
 前回の第3回大会が土浦市で開催されたところ、海外選手を中心に大変好評であったため、この第4回大会についても、土浦市での開催が決定されました。
 アメリカ、ドイツ、中国など、世界各国から、約100名の選手が参加する見込みとなっております。この中には、市内の中学校に通う濵野依人さんと、丸山美伶寧さんが出場されます。丸山さんはプロとしても活躍されております。
 「Made in 土浦」のスケートを使用した、フリースケート競技の世界最高峰となる大会です。ワールドクラスのテクニックを観戦することができる貴重な機会となりますので、是非会場に足を運んでいただければと思います。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは広報広聴課です。

土浦市役所(本庁舎 3階)  〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 広報広聴係⇒内線2331・2349・2396・2399 シティプロモーション室⇒内線2323・2324

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
メール認証のためのメールアドレスをご入力ください。